上品な味わいのあんこが絶品!秋田市 翁屋開運堂の和菓子3種を食べてみた

スポンサーリンク

Pocket

素敵な和菓子屋さんを発見

用事で秋田市の楢山に行ったのですが、たまたま近くで和菓子屋さんを見つけました。

翁屋 開運堂(おきなや かいうんどう)さん。面構えが素敵すぎて吸い込まれました。笑

ちなみにマザー食堂さんにも近いところです。

からだにやさしい手作りお菓子たち。秋田市 マザー食堂savu.

お店のつくりが面白くて、手前に見えている側が開運堂さん、その奥はしとぎ豆がきで有名な一乃穂さんでした。それぞれ和菓子とせんべいのお店なので、住み分けが出来てて購入側にとっても便利ですよね。

お菓子3種食べてみた

お菓子をたくさん買ったら、おまけで「川反暦(かわばたごよみ)」をいただきました。

「きんつばを薄くして焼いたもので、当店で昔から作っているお菓子です」とのこと。

薄いきんつばって確かに珍しいですよね。

あんこは大好きなわたしですが、きんつばってでっかくてもそもそしてるのであんまり食べません…が!これはおいしかった。

小豆のホクホク感がほどよく残っていつつ、ぺらっと薄いのでサクサクと食べられるんですよ。

これならいちどに2〜3個ぺろりといけちゃいそうです。

季節の和菓子も買いました。桜餅と草餅、いずれも4月30日までの販売とのこと(公式HPより)。

桜餅(194円)。やや細身&小ぶりですね。桜の葉っぱが全体を包み込んでおり、餅に対しての割合が多いため、塩気が効いていておいしいです。

さらっとした甘くないこしあんも上品。餅生地自体にはあまり甘味がないので、さっぱりした味わいでした。

草餅(216円)。こちらは1個がずっしりと重みがあります。

よもぎの緑色が美しく、繊維が見えているのも手づくり感があって好ましいですね。

こちらのつぶあんもあっさりとした甘さで、すごくおいしい。よもぎの味も苦すぎず濃すぎずでいい塩梅。

おっちゃんが「あんがおいしい!」と絶賛していましたよ。

よいお店に出会えました

ふらっと入ったお店が当たりだとうれしいですねぇ。

ここはなんと天保10年創業とのことで、調べたら1839年…179年前です。大塩平八郎の乱の2年後ですよ?(ピンと来ない)

一番人気はのぼり饅頭とのことでしたが、この日はすでに完売していて残念。いつか試してみたいですね。

きんつばを薄くした川反暦や、ブッセに餅とジャムをはさんだ開運堂小判、秋田もろこしとせんべいを扇子型に仕上げた平成暦などなど、ほかにもおいしそうなお菓子がたくさん。

楢町の本店のほか、秋田駅ビルトピコにもお店があるので、ぜひ行ってみてください。

秋田懐石菓子 翁屋 開運堂

  • 店舗 / 本店(楢山登町3-1)、秋田駅トピコ店
  • 営業時間 / 9時半〜18時半
  • 定休日 / 水曜日(祝祭日・1、8、12月以外)

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

スポンサーリンク