コトノタネ

冬の青森駅前を歩く。あおもり灯りと紙のページェント〜ラブリッジ〜アスパム展望台

time 2016/12/22

冬の青森駅前を歩く。あおもり灯りと紙のページェント〜ラブリッジ〜アスパム展望台
Pocket

sponsored link

青森駅前おさんぽ

前回青森に来たときは、ホテルにチェックインしたらもう外に出たくなくなりw 歩かなかった駅前。観光物産館アスパムのまわりは遊歩道があって歩けるらしい、という程度の情報で行ってみました。

「あおもり駅」ってひらがななのがかわいい。駅前は何ヶ所も工事が行われていて音がすごかったです。

あれがベイブリッジかー!これも前回見れなかったもののひとつ。

パン屋さんや立ち食いそば屋さんがある駅前って、すごく都会を思い出す…。

駅を抜け、ベイブリッジ方面へやってきました。

ワ・ラッセ

このオシャンティーな建物がワ・ラッセ。ねぶたの歴史や展示をしているそうですが…今回の目的ではないのでスルー。

トイレだけ借りましたら、中もオシャンティー!

前回は見られなかった、「あおもり灯りと紙のページェント」の会場もありました。旅行後にまるごと青森で見て悔しかったんですよねぇ。

さ、それでは橋を渡りましょう。

ラブリッジ

…。……。どのへんが「ラブリッジ」なのかを2人して考えた。おっちゃんは「きっと上から見るとハート型なんだ!」と主張。

メモリアルシップ八甲田丸ですね。

橋からもワ・ラッセが見えます。

歩いてるうちにどんどん日が沈んでいい感じに。

アスパム展望台へ

ラブリッジを渡り終えるとアスパムに着き、せっかくなので展望台にのぼりました。13階にあり、400円でワンドリンクサービスチケットがもらえます。ドリンク飲みながらゆっくり景色を見られるいいサービス。

いま歩いてきたところ。ハート型ではないですね。

青森、都会ですね〜〜〜。夜景がちゃんときれいで感動。函館でも夜景はみられなかったし、久々にデートっぽいことしてるなぁと感慨深いw

あおもり灯りと紙のページェント

ねぶたの技法で制作した和紙のオブジェがずらりと並びます。雪だるま型のものは「雪だるま〜る」というのだそう。ジバニャンやリラックマ、ふなっしーもいましたよ。

夜のA-FACTORYもきれいですねえ。

すっかり夜になり、こんどは街なかも煌めいておりました。なにせこの季節にしては道が歩きやすくてよかったです。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→料理人の相方。キッチン昼ノ間のシェフ。お酒好き。

カテゴリ一覧



sponsored link