[ぷしゅう~] ワカコ酒、最新刊6巻。 [ひとり飲み女子]

最終更新日時 : 2017年1月11日
Pocket

スポンサーリンク

ワカコ酒 / 新久千映

2011年より「月刊コミックゼノン」で連載されている漫画、ワカコ酒。

作者の名前すら知らない状態で購入に至ったきっかけは、「本屋が選ぶおすすめ漫画」的コーナーの中で「グルメ漫画」ジャンルとして紹介されていたから。

知った当時は3巻まで出ており、現在(2016年2月)は最新刊の6巻が出ています。表紙のデザインも好きなんですよね~。よく見るとかなり凝ってます。

さいきんは…

2015年にテレビアニメ化&ドラマ化され、一気に知名度がアップ。なんと5巻までですでに100万部突破だそうです。

魅力は?

基本的に1話4ページという短さ。

  1. ワカコがお店に入る
  2. 肴一品とお酒を頼む
  3. ぷしゅう~する。

というだけの流れなので、とにかくさらっと読めてしまいます。しかもオムニバス形式なのでどこから読んでも大丈夫。

絵柄は少女漫画しているとは思いますが(ワカコの目のでかさは特徴的)、男性に受け入れられないというほどでもないかと。

洋風、和風、中華など、そのときどきに「この料理にこんなお酒を合わせるといいんだ」と参考になったり、あとは単純に漫画に出てくる料理そのものを食べたくなったりしますw

なので夜中にお腹空いてるときなんかは読まないほうが賢明かも…

絵柄がきれい。

食べ物の描き方が丁寧&デジタルで書かれているのでけっこうリアルなんですよね。個人的に書き込みが細かい漫画家さんのほうが好きなんです。

話の筋を読み終わったあとに、絵だけを見返すこともあるぐらい。

あとは擬音も特徴的で、料理から発生するさまざまな音「パリパリ」「じゅわ~」「ほくほく」などに注目してみると面白いです。一風変わった造語が使われていますよ。

「ぷしゅう~」は美味しいの顔とともにワカコの決め台詞(?)。美味しいお酒を飲んだとき、ぜひ使ってみましょう。

試し読みもあります

WEBコミックぜにょんにて、最新話~1話の周辺何話かずつ読むことができます。

絵柄や作風の確認にぜひどうぞ。

 

同じ作者が「タカコさん」という別連載ももっていますが…

名前、近すぎない?(顔のつくりもかなり近いw)

こちらはワカコ酒以上にゆる~い内容です。さらに女子向けかなあ。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/books/wakako-sake/trackback/

PAGE TOP