【名古屋旅行】星乃珈琲店&上島珈琲店でデカフェモーニングを堪能してきた

Pocket

スポンサーリンク

名古屋モーニング&デカフェ

名古屋でぜひ体験したかったことのひとつが、モーニングです。

名古屋にはモーニング文化があり、いろんな喫茶店で朝コーヒー・パン・ゆで卵という組み合わせが楽しめるのだそう。店によってはコーヒー代だけ払えば、無料でパンとゆで卵もついてくるところもあるというから驚きですね。

で、ノンカフェイン生活をしているわたしとしては、ぜひデカフェを飲めるお店に行ってみたかった。今回は2日間かけてふたつのお店に行くことができました。

星乃珈琲店

初日は栄駅地下にある星野珈琲店へ。めちゃくちゃ迷いました。栄駅の地下にいったん入ったはいいものの、メインストリート(?)への行き方がわからず一回地上へ出て大回りをするなど…。

しかも、栄駅地下には星乃珈琲店と上島珈琲店の両方があったんですね。上島珈琲店を目指してたはずが気づいたらここに入っていて、メニューを見てから間違いに気づきました。だって字面がすごい似てるし。まぁどっちにしろ両方行くつもりだったからいいんだけどさ…。

カウンターで注文してから座るのではなく、座ってから店員さんが注文を取りに来るという喫茶店システム(?)でちょっとびっくり。ファストフードよりも落ち着いた層向けなのかしら。

メニューにはっきりと「カフェインレス珈琲」という明記があるのはうれしいですねぇ。これまでにお店で飲んだデカフェにはスタバタリーズミスドがありましたが、席のメニューでこういう表記を見たことがなかったので新鮮。

おかわり半額というのもうれしいサービスですね。

モーニングはいちおう3種類ありますが、ドリンク料金のみでトーストとゆで卵がついてきます。コーヒーを注文すると、「無料でトーストとゆで卵をおつけできます」と聞いてもらえますよ。ちょっとお得気分ですね。

カフェインレス珈琲 450円

ちゃんとした陶器のカップでカフェインレスが飲める…感動ですねぇ。ミルクピッチャーがすっごいミニサイズでかわいい。

濃いめでコクがあるコーヒーでした。あくまでわたしの感覚ですがスタバに近いですかね。

朝にはほどよいサイズ感。ゆで卵は固茹ででした。塩がついてこないので一瞬「…!?」となりましたが、卓上にふつうに置いてありました。

上島珈琲店

翌日の朝は、伏見駅すぐそばの上島珈琲店へ。路面店で開放感がありますね。

こちらはカウンターで注文するシステム。カフェインレスはミルク珈琲一択ですね。

メニューに「黒糖・無糖」とあるのでもしかしたら選べたのかな?

ベーコンエッグ&厚切りバタートースト 650円

ドリンクがセットになったモーニングでした。厚切りパンは中がふわっふわ。表面はいちおうカリッとはしてましたが、そこまでトーストはされていないような。

カフェインレスミルク珈琲を選択。モーニングにカフェインレスの選択肢があるなんて…!都会は選択肢が多くてうらやましいです。

見てのとおりミルク感強めで、さらに黒糖もたっぷり入っててすごく甘い。これ単品でスイーツのようでした。黒糖なのですごいコク。ここは黒糖入りのコーヒーがウリなんですねぇ。

わたしは甘いものも甘いコーヒーも好きなので大丈夫でしたが、カフェインレスはミルク珈琲一択なので、ブラックで飲みたい人には厳しいですね。

デカフェモーニングはいいぞ

外でふつうにデカフェが飲める。さらにモーニングも同時に楽しめる。その選択肢があるという点で、都会はいいなぁと思います。

コーヒー好きがカフェイン抜き生活を始めたがために、こういうシチュエーションからも遠ざかっていたんですよねぇ。毎日じゃなくても全然いいのですが、たまの楽しみとしていいですね。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/decafe/decafe/trackback/

PAGE TOP