カフェイン断ちをやってみて1ヶ月〜半年経つまでの感想と体験記。離脱症状の苦しみに耐えたら、頭痛が消えました。

Sponsored Link

Pocket

カフェイン断ちに挑戦しました

世の中に平気な顔して蔓延しているカフェインですが、思うところあってやめてみることにしました。きっかけは偶然訪れたブログで、似たような境遇の人の記事を読んだこと。カフェインをやめてみて治った症状が「偏頭痛、イライラ、胃痛、PMS、冷え性、頻尿」ってこれわたし全部当てはまりすぎじゃない??と思いまして。

中でも一番大きなきっかけとなったのは、偏頭痛が治るかもしれないということ。わたしは10歳の頃から20年来の頭痛持ちで、ここ10年近くはほぼ毎月通院。もちろん薬を手放せない体です。カフェインは少量なら頭痛をやわらげてくれることは知られていますが、過剰摂取は頭痛のもとになるのだそう。

それにはカフェインの依存性の高さが関わっていて、頭痛い→カフェインとる→治る→カフェイン切れて頭痛い→カフェインとる…エンドレス!ということになるんですね。しかもこれ、無意識に行われているから怖い。まさにわたし自身、なんとなく頭が重くなってきてコーヒーを飲んだり、頭痛薬を飲んだり…を繰り返していたからです。

偏頭痛について

そもそも頭痛には大きく3種類あります。ズキンズキンと脈打つ頭痛が偏頭痛(ちなみに漢字は「片頭痛」でも合っていて統一されていないらしい)、ズーンと重たくなる頭痛が緊張性頭痛、そして1年に1回程度1ヶ月間ずっとひどい痛みが続く群発頭痛です。

わたしは偏頭痛と緊張性頭痛の混合タイプで、症状に合わせて薬を2種類使い分けていました。偏頭痛にはトリプタンという専用の薬があり、これは病院でしかもらえません。緊張性頭痛は肩こりや目の使いすぎで出やすいもので、市販の薬が効くタイプ。

で、ですよ。問題はここです。市販の頭痛薬って、カフェイン入ってるんですよ。もちろん知ってたけど、問題視することなく飲んでました、今までは。

カフェインの影響

改めて考えてみたわたしのカフェインの摂り方。

まず、コーヒー大好きで飲まない日はほぼなかったと思います。家で仕事していても1〜2杯は飲むし、基本的に出かけるときのドライブのお供にも欠かしませんでした。おっちゃんもコーヒー好きなのでおっちゃんの家でも、多ければ1日3回はコーヒータイムしてました。

前の仕事でも必ず毎日ペットボトルのカフェオレを持参し、休憩中とお昼にごっくごっく飲んでました。今思うと、1時間に1回トイレ行くような頻尿はこのせいだったんじゃないかと…。

で、さらに市販の頭痛薬も、1日1〜2回とか。生理痛がひどければ3回飲むこともありました。わたしが飲んでいた薬には1回分で80mg含まれているので、3回飲めばそれだけで240mgです。

健康な成人 で、1日のカフェイン摂取上限量は400mgとされています。これはコーヒー5杯〜6杯飲めば届く量。頭痛薬とコーヒーをがぼがぼ飲んでいたわたしは、多分平気でこの量に届いていたと考えられます。おぉ怖い。

カフェインが含まれるもの

このほかにもカフェインが含まれているものはあります。コーヒーもドリップ・インスタント・エスプレッソで変わりますが、濃いほどカフェインが多いと思って間違いありません。

緑茶・紅茶がけっこう多いクセ者で、玉露に至ってはコーヒーよりも多い。まぁこちらも茶葉の量ですね。さらにほうじ茶・玄米茶・抹茶・ジャスミンティーなども全滅。カカオを含むココア・チョコ系もアウト。このへんはカフェインの含有量としてはごくわずかですが。あとはコーラとか栄養ドリンクにも入っています。

カフェインが含まれないもの

じゃあ何が飲めるんだい?とわたしも思いました。カフェイン断ちする人たちが愛飲するものの代表は麦茶です。通常の2倍の濃さで入れると、コーヒーのような風味が楽しめるらしい。

あとはハーブティー(モノによる)、ルイボスティー、黒豆茶、十六茶・爽健美茶、ジュース系全般といったところ。基本的に甘い飲み物はいらないので、実質選べるのが限られたお茶系のみなんですよね…。

Sponsored Link

デカフェを知る

img_0616-copy

(スタバで頼んだデカフェ)

そこで知ったのが「カフェインレスコーヒー」の存在でした。カフェインゼロのものは存在するけど高価です。でもカフェインが入っているものからカフェインを抜く「デカフェ」ならけっこう種類があるんですよ。デカフェの場合、カフェインゼロではなく97〜98%ほどカフェインが取り除かれて売られています。スタバやタリーズなんかでも、注文すればその場でカフェイン抜きにできます(種類にもよる)。まぁ数%とはいえゼロではないので、飲むとしても1日1杯、朝だけにしてます。

そういうわけで、わたしのカフェイン断ちは毎日2〜3杯飲んでいたコーヒーを1杯のデカフェに変え、市販の頭痛薬をやめ、麦茶を飲む。という生活で始まりました。

離脱症状に襲われる

それまでカフェインを摂っていた人がいきなりカフェインを断つと、離脱症状というものが現れます。1〜3日で消失する。と書いている人から、1〜2週間続くという人や、2ヶ月は続いたという人まで。現れる症状もさまざまですが、共通していたのは強い頭痛でした。

それまでのカフェイン摂取量が多い人ほど症状が強く出るので、やるなら少しずつ時間をかけて減らしていくほうが負担も少なくて済むんですが…わたしはけっこういきなり減らしちゃったほうかもしれませんw 「ここさえ抜ければあとはラクになる!」という精神で。

わたしの場合

ご多分に漏れず、わたしもひどい頭痛に悩まされました。

〜1週間

はじめの1週間は絶えず頭痛で、うち3日間はろくに仕事もできない状態。画面を見てると目痛と吐き気に襲われるのです。

そして最初の3日ぐらいはひどい眠気。昼寝もするし、夜も仕事にならんからさっさと寝るしで、10時間以上寝てたような。体はだるいし、頭はぼーっとするし、吐き気もセットでついてくるし、もちろん集中力も散漫に。これはもうほんとに1週間辛すぎて、普通の会社員だったら途中で諦めてやめたかもしれないです。わたしは家で仕事してて誰にも迷惑かけない立場だったからできた無茶な方法ですので、おすすめはしませんw

それに懲りて、そのあとの4日間は頭痛薬を飲みました。市販の薬でカフェイン抜きのものを探して飲んでみても効かず、ふだんの偏頭痛薬で治ったので、やはりカフェインを抜いたことで血管が開きまくっていたんだと思われます。(偏頭痛薬は血管を収縮する作用があるので)

朝から頭痛で朝から薬を飲み、その後は夜まで何ともない日が4日続いたら、その翌日からは頭痛が出なくなりました。

〜2週間

翌週は朝は快適に目覚めるものの、夕方から夜にかけてなんとなく頭がぼーっとする、という状態が何日か続きました。まさにカフェインが抜けていく状態だったかもしれません。ふだんならこの「なんとなく頭がもやもやする」という程度でも頭痛薬を飲んだり、コーヒーを飲んだりして和らげていたんですよねぇ。頭痛薬は痛くなる前に飲まなきゃ効かないっていうところがミソで、飲んでみてあれ?そんなに痛くならなかったなってこともあるんです。

そして週末の2日間だけどーんと偏頭痛がきました。じつは、きちんと調べずにジャスミンティーをノンカフェインだと思いこんで飲んでしまったんですね…。合計コップ2、3杯でしたが、ここ最近としてはもっとも多くカフェインを摂取したかもしれません。偏頭痛との因果関係はわかりませんが、引き起こした可能性はなきにしもあらず。

ちなみにこの週ではもう眠気はなく昼寝もしなくなりました。

〜3週間

とうとう頭痛が出なくなりました。本を読みすぎたり何時間も映画を観たあとは多少目が疲れて頭が重くなりましたが、お風呂で温めて運動をすることで治りました。さらに大きな変化は、コーヒーを飲みたい欲求がキレイに消えたこと。自分がこうなるなんてちょっと信じられません…。あんなにコーヒー好きだったのに。こうなって初めて、2週目までは毎朝毎朝「あーコーヒー飲みたい」って自分が思ってたことに気づきました。

まぁ自販機や売り場でコーヒーのいい香りを嗅いだりすると、そりゃぁ欲求もあるし寂しくもありますけどね。でもあの離脱反応の苦しみを思うと、もうカフェイン摂るのは怖いです。体からカフェインが抜けきってしまうと、今度はちょっとカフェインをとるだけで頭痛や吐き気を起こすようになるらしい。

〜1ヶ月

PMSがひどく不調期。この週で自覚したのは、そういえばお腹壊さなくなった!という大発見です。もともとお腹を壊しやすいほうでしたが、前の職場にいた頃からそれが毎日当たり前のようになっていました。原因はずっとわかりませんでしたが、今なんとなく思うのは、牛乳かも、ということ。

わたしが今まで飲んでいたのは、コーヒーにあっまい砂糖とミルク、生クリームなんかの入った超クリーミーなものばかり。市販のペットボトルや缶で売っているアレです。家でコーヒーをのむときも、牛乳は必ず入れていました。

でも日本人には牛乳が体に合わないって人がけっこう多いんですよね(乳糖不耐症)。わたし、チーズもヨーグルトもシチューも好きなのに………でも飲むのは豆乳のほうが好き。乳製品がみんな大豆でできてればいいのに。

ほかにお腹を壊すときの条件といったら、前日にお酒を飲んだときですねw 逆に言えば、牛乳とお酒を断てばお腹の健康はかなり保てそうです。

その他自覚症状

頻尿も自分としては少しマシになった気がします。寒いところにいると相変わらずですけども。単純にお腹を壊さなくなったことでも回数が減ったんだと思われます。

さらに効果を期待していた胃痛ですが、これは最近あまり調子がよくないです。食べるたび痛い。まぁ胃痛は定期的に起きるし精神的なものが大きいので仕方ないかな。

カフェイン断ちをやってみて

この1ヶ月を振り返ると、やはり最初の1週間の辛さは半端じゃなかったですね。でもその後の、頭のもやもやがぱっと晴れたような感覚はなかなか感動的でした。最初の1週間をのぞけば、頭痛の頻度も1ヶ月で3〜4回とかなりいいペースです。これが今後維持されるのかどうなるのかがカギとなるでしょう。

コーヒーが飲めなくなったのは最初寂しかったものの、後半は欲求自体が消えて気にならなくなりました。出先でも麦茶や水を飲むように。今後は温活を続けて冷え性も治ったらいいなぁ…砂糖断ちも体にいいであろうことは予想がつくんですが、酒やタバコはやめられても甘いものはやめられないやめたくない。というタイプなので、冷え性・PMSの解消はそう簡単ではないでしょうね。

そして実際に出先で飲んでみたものは、カモミールティー、ルイボスティー、グレープフルーツジュースなど。カフェに行く楽しみは減りましたが、いっそスイーツがわりに甘いドリンクを飲めばいっか!とも思ってます。

img_1308-copy

実際、ミルクセーキとか飲んでます。牛乳じゃねえかw

薬依存が怖かった

今までがぶ飲みしていた市販の頭痛薬を断てたことも、自分としては良かったことです。病院ではなく市販の頭痛薬を使う人にありがちな「薬物乱用頭痛」というものがあり、その名の通り1ヶ月の半分以上薬を手放せないような状態になると、かえって薬の飲み過ぎで頭痛を引き起こすようになります。わたしも過去、頭痛予防薬を使ってこれを克服したことがあったのですが、気づくとまたペースが増えてきていました。

それもこの1ヶ月チャレンジでかなり回数を減らすことができました。というか実質、市販の頭痛薬が効く緊張性頭痛はほぼなかったに等しいです。いちおうカフェインの入っていない薬は買ってありますが、もう飲まなくても済むようになるのが理想ですね。

結論:やってみて良かった

いざこうして自分の体からカフェインが抜けた、という実感があると、すっきり爽快です。わたしも頭痛持ちじゃなければ今でもコーヒーを楽しめたのかな、とは思うけど、頑張ってカフェインを抜いたので今後はおとなしく玄米コーヒーあたりを楽しみますよw

わたしと同じような症状で悩んでいる人の参考になれば、と思って記事にしました。カフェインを摂るのも断つのも人それぞれですが、カフェインが引き起こす害を知った上で選んでほしいと思います。

現在家で飲んでいるデカフェ

ブレンディのスティックカフェオレが一番気に入って飲んでいるものです。ブレンディの通常のカフェオレと遜色ない味で飲めて、レベル高い。ただし甘めです。

ブラックで楽しみたいときはネスカフェ ゴールドブレンドのカフェインレスがおすすめ。97%カフェインカットされています。

甘いものを欲したときは牛乳屋さんのやさしい珈琲をチョイス。牛乳屋さんシリーズは総じて甘めですね。甘いものが飲みたいとき、ミルク多めのクリーミーなものが欲しいときにはぴったりです。

スティックタイプと違って好みで濃いめにしたり、マグカップのサイズに合わせて増量したりできるのが便利。

たまには緑茶も飲みたくなります。そもそもカフェインが多い緑茶もカフェインレスで楽しめるのがうれしいですねぇ。

粉タイプなので水でもすぐに溶けます。

紅茶党の人も、カフェインレスでたくさん種類が出ていますよ。

個人的に好きなのがジャスミン茶。ティーバッグなので手軽です。

追記:その後どうなったのか?(半年経過)

カフェイン断ちを決行してから半年近くが経過しました。大きな変化としては、頻尿がばっちり治りました!!これはほんとにうれしい…。どこに出かけるのにもいつもお手洗いを探していた生活から解放されました。人並みになれてうれしいよ。

あとは気づくと胃痛が消えていました。ほとんど、まったくと言っていいですね。20歳を越えた頃から常に胃痛とはお友達だったのでびっくりです。

PMSや冷え性の改善については、残念ながら効果を感じていません。このへんはカフェイン以外の要因も多そうなので一朝一夕にはいかないでしょうね。

頭痛のほうは、偏頭痛のペースはそんなに変わりなく、緊張性頭痛が大幅に減ったままキープしていますね。コーヒーへの要求もさほどなく、あれば飲むけど病的に欲する、というわけではありません。

普段飲んでいるもの

家仕事なのでまいにちドリンク片手に仕事をしているんですが、コーヒーにかぎらず、紅茶やジャスミンティーなどデカフェをamazonでいろいろ買い込んで日々楽しんでいます。

とはいえデカフェもカフェインがまったくゼロというわけではないので、1日に多くても1杯までにして、あとは麦茶をメインに飲んでますね。外に出かけるときも水筒に麦茶を入れて持ち歩いています。

あとはたまに抹茶味やチョコレートのお菓子を食べることがありますが、これは量を食べすぎなければそこまで心配しなくてもいいかな〜と思ってます。

出先での対策

ちょっと困るのが、外でランチを食べたときです。多くのお店でランチにはコーヒーか紅茶がセットになっていることが多いので、たいていは「カフェインがだめなので、なにかほかの飲み物に変えていただけますか?」と頼む必要があります。選べるものもたいていはジュース系なので、そこは覚悟が必要かもしれないです。

また、おひやのかわりにお茶が出て来るタイプのお店ではお水を頼むことも。

あとはちょっとコンビニで飲み物を、と思ったときも選択肢が少ないです。清涼飲料水・ジュース系が飲める人なら問題ないと思いますが、わたしが選べるのは豆乳ぐらい。さっぱりしたいときは麦茶か爽健美茶・十六茶あたりになります。これを回避するためには、デカフェ飲料を水筒で持ち歩くのがおすすめですね。

デカフェ巡り

その後、外出先にチェーン店があればデカフェを楽しむように。スタバやタリーズ、ミスドなど、大手チェーンが続々とデカフェを発売しているので、便利になったなーと思います。

→【デカフェ体験】ミスドのカフェインレスコーヒーを試してみました

→【デカフェ体験】祝・スタバのデカフェラインナップが増えました!

→【デカフェ体験】タリーズコーヒーのデカフェ(持ち帰り編)

【デカフェ体験】ローソンのマチカフェにカフェインレスシリーズが登場!さっそく試してみた

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link