家庭的な雰囲気と素朴な味の蕎麦がおすすめ。弘前市 三忠塩分町分店

Pocket

昔懐かしい雰囲気

弘前の有名蕎麦屋・高砂が目当てで行きましたが、どうやら早々に出汁が切れたらしく「ざるそばしか出せないんですが…」と言われてしまいました。

諦めて出て歩いていたら、「そば」の字が見えたんで入ってみました。図書館のすぐ目の前のお店です。

うわーすっごい雰囲気ある。大好物。厨房の広さといい、おばちゃんたちが厨房まわしてる感じといい、カウンターの形といい、お座敷のある感じといい、鷹巣の池田屋にそっくりです。

このパッと見のメニューの感じもすごい似てます。なんだろうこの既視感は。

これ見た瞬間に「あ、ここ当たりだな」って思いました。笑 いい感じすぎる。

ランチがおもしろいですねー。丼と麺のセットで、この日はカレーと3種類の麺から選べて良心的。

鍋焼きうどんもかなりお値打ちじゃないでしょうか。

このレンゲの感じたまりません。

天磯おろし(冷) 1,100円

字面の感じで即決しました。海苔とかわかめとか大好きなんです。ほかにも大根おろしや天かす、かつおぶしがたっぷりのっていて、揚げたてのあたたかい海老天がどーん!こういう具だくさん麺大好き〜。

池田屋と同じ感じの更科そばで、すごくあっさり食べやすい。池田屋と同じ感じの甘さ控えめのつゆで、かつおぶしが入ってる分すごくいい香りです。海老もぷりぷりでおいしい。多めに見えますが具をぜんぶかっちゃまぜで(混ぜて)食べるとかさは減ります。笑

日替わりランチ エッグポークカレー&イカ野菜天そば(冷) 750円

うわぁぁ〜破壊的に素敵な見た目w エッグポークカレーって不思議な響きで、字面ではピンときませんでしたがこういうことだったんですねえ。カレーに卵がのるだけでなんでこんなにおいしそうなんだろう。

カレーは甘め&出汁が効いてて、ザ・蕎麦屋さんのカレーって感じです。このめんこい量がいいよねぇ。

イカと茄子がどーんとのった蕎麦もいいですねえ〜。わたしの具だくさん蕎麦とはまた違って、ごくシンプルな味で蕎麦とつゆが楽しめました。

いやぁ、まちの蕎麦屋さんの雰囲気といい味といいメニューや値段の感じといい、どれをとっても本当に池田屋さんに近い。姉妹店と言ってもいいぐらい。笑 わたしもおっちゃんもこの感じ大好きなんだから、もっと池田屋さんに行くべきだなぁと思いました。

三忠食堂ってあの百年食堂じゃないかーーー!

まったく前情報なしで入り、今調べてわかったんですが、ここは「三忠食堂」の「塩分町分店」。

三忠食堂本店っていうのもあって、津軽百年食堂のひとつだったんですね!建物の写真を見てわかりました。「めっちゃ雰囲気良さげ〜行ってみたい〜」とかねてから思っていた店だったんですもの。その分店と知らずに入るとは…。

津軽百年食堂っていうのは、2011年に映画化された小説。モデルになったお店が津軽地方に点在してるらしいのです。本店ではくだんの津軽そばも出しているそうで。

これはぜひ本店にも行ってみたいですね〜。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/hirosaki/sanchu-bunten/trackback/

PAGE TOP