北秋田市「音祭×きらフェスライブ」に「言ノ葉食堂」として初出店しました。

Sponsored Link

Pocket

音祭×きらフェスライブ 

2016年1月17日、北秋田市中央公民館にて「音祭×きらフェスライブ」が開催されました。
 
きらフェスとは→参考:
 
きらフェスの主催者は、鷹巣の銀座通り商店街にある日活書店の大さん。
昔からの音楽仲間なのです。
その関係で、今回は出演側ではなく、軽食・喫茶の出店側として出させてもらえることになりました。(ちなみに去年は演奏側で出演しました)

言ノ葉食堂とは 

名前は完全にノリで決めましたがw 「言ノ葉」はわたしがやっているアコースティックユニットです。
言ノ葉の相方とはもともと、わたしの兄がやっていたお店のユースト配信ライブ「キタナマ」で出会いました。
 
「キタナマ」は毎週1回、2時間の放送時間のあいだで、お客さんが自由に演奏したり聴いたりできるという場。
その際にわたしは「お通し」を担当していました。
 
キタナマが終了する2015年6月まで、3年間ひとりでやっていましたが、出会った相方が偶然にも料理人だったため、最後の数ヶ月間は交代で担当したり、ひとり一品ずつ作ったりも。
 
その他にもキタナマ系の忘年会や打ち上げ的な飲み会では、ふたりで鍋やオードブルや打ち上げ料理全般を担当。
それが原点になるんでしょうか、その延長上のような軽い感じで「出店してみたいね」となっての今回でした。
 
要するに「言ノ葉」はアコースティックユニットであり、料理人ユニットでもあるのです。

出店内容 

我々は業務用の機器もなにも持っていないため、できる料理は限られます。且つ、保健所でもらった臨時の営業許可の範囲内でなくてはなりません。
 
そのほかに、もう一店の出店が「ドリンクのみ、しかもアルコールメインらしい」と聞いて。それなら我々は軽食というより、お腹の膨れる系がいいのかな?などと考えました。
 
これらを踏まえて、メニューは「豚汁&おにぎり」に決定。 

セッティング

今回は公民館の大ホール内ということで風雪にさらされることもなく、テーブルひとつ立てれば済んだのが幸いでした。
いやぁ、冬の外イベントでの出店は、ガチで死ねますからね。。。(わたしはないけど相方は経験アリ)
 
もう一店の出店「チックタグズ(鷹巣にあるカフェ)」さんはコの字型のテーブルを立てそのまわりに椅子を並べて、完全に「そこでくつろげるスタイル」を作り上げており、雰囲気も抜群でさすがプロ、手馴れている…
 
一方我々は、「豚汁とおにぎり」ならそのまま客席に持っていって食べることができると考え、あえて「食べる用の席」はつくらないことにしました。
出演者もそうなんですが、なるべく客席が埋まっているほうが見映えがいいんですよね。…と、ついついスタッフ側の視点で見てしまう自分がいますw
 
ま、素人ですし、できる範囲のことしかできないっていうのはわかっているので。そういういい意味での開き直りみたいなものはありましたね。
 
場所的には大ホールのいちばん奥がステージで、真ん中にずらっと客席(椅子)が並び、入口はいってすぐの左右のスペースにそれぞれが位置するという具合でした。
これが、営業しながらステージも見えるという抜群の立地でしてw 堪能させて頂きましたよ。

前日までの仕込み~当日の準備

わたしの会社の休日カレンダーは日祝以外の土曜日休みは不定期で、今回のイベントの前日は休みになっていませんでした。なので大物の豚汁をフリーの相方にすべて任せ、当日の朝に一緒におにぎりを握る作戦に。ちなみに1ヶ月ほど前の忘年会でのきりたんぽ鍋はわたしがすべて担当したので、これで貸し借りなしですw
 
で、この当日のおにぎりがいちばんの山場でしたね…型を使ったのでかなり速かったはずなんですが、それでも慣れない作業&単純に量がすごかったので、時間がかかりました。具材を4種類にしたのも手数が増えたかな。(→でも売ってみて4種類で正解だったと思いました)
且つ、雪道を、汁ものの入ったでっかい鍋積んで運転しなければならないというミッションが思いのほかキツく、精神的にきましたね。笑
 
足りないものを買い足したり、お互いの家から持ち込むものをそれぞれ積み込んで、30分前に会場入り。地元での音楽イベントなのでさすがの顔なじみの多さで、ホームに帰ってきたように安心します。笑
 
持ち込んだカセットコンロが2つ中1つ壊れて動かないというアクシデントに見舞われつつも、その1個を駆使&給湯室を借りることが出来てなんとかまわすことができました。大鍋と小鍋をうまく使い分けた相方の技でしたね。

営業開始 

イベントのスタートが11時でお昼前だったということもあり、準備の段階からすでに「まだ売らないの?」と次々お声がかかり。演奏前後、演奏中にかかわらず、コンスタントに売れていきました。

値段設定

  • 豚汁&おにぎりセット 500円
  • 豚汁単品 400円
  • おにぎり(2ヶ) 200円
セットで買うと安くなるよ作戦。これは正解でしたね。単品も出ましたが圧倒的にセットのほうが売れました。
 
おにぎりの具は4種類つくりその場で味を選んでもらうスタイル。これがまたいい具合のバランスで売れ、ほとんど最後のほうまで味が偏ることなく売りきることが出来ました。

結果

イベントは18時すぎまで続きましたが、大体14時も過ぎると8割がた売れてしまい、あとはぱらぱらと途中から来るお客さんが買う程度に。メインゲストの青谷明日香さんに向けて片付けてしまいたかったので、残り2杯というところで、知り合いに声をかけて売りに行きw 見事完売!
おにぎりは数個余りましたが、ちゃんと我々の胃の中に収まりましたよw なんせ朝はバタバタしすぎて味見する時間もなかった…もぐもぐ。

イベントの様子~ダイジェスト~

手があかない&余裕がないときは撮れてないバンドもあるんですが…大体の様子を写真でお送りします。

005

照明落ちる前。こんな感じ。

kotonoha-syokudou

2人で撮ってもらってました。チェックシャツ&黒ニット帽がかぶってるだなんて。。。

007

チックさんは布とか酒とかシャレオツゥ!!

030

「ヒロタケ」の皆さん、仲良くもぐもぐ。

053

その場で立ち食いしたのはこの人だけでした。(nunでギター講座の校長で司会進行の人)

066

さりげな~くCDも置いといたんですが…w

031

木曜オールスターズ(鷹巣の商店街カレッジでやっている「ギター講座」メンバーで結成)

041

039

Solid colors

068

FADELESS

075

ヒロタケ

086

SPIRAL NOTE

110

nun

116

青谷明日香さん

丸一日音楽漬けでした。

初出店を終えてみて 

まずは何より完売できた!という喜びがありました。初めての出店な上にライブイベント会場というイレギュラーな状況だったので、いろんな想定をし読んだ結果が当たってひと安心です。
相方が鍋、わたしがおにぎりを担当し、テーブルも各自で分けたのでスムーズにいきましたし、全体に初めてとしては大事故もなく上手い具合に進んだなぁという印象。
 
そして、知り合いはもちろんのこと、純粋にイベントにいらっしゃったお客さんにもたくさん「美味しかったよ!」と声を掛けていただいたことが何よりありがたかったです。飲食業の喜びはコレなんです。料理という裏方の世界はとにかくキツい。料理が好きというだけでなくやり甲斐がなければ続けられません。
 
料理の世界を離れたわたしが、時々こういう場に出るとそれを強く感じます。そして、クセになるんですw

また、やってみたい

 
今回は知り合いのつてでお試し感覚で気軽に出させて頂きましたが、いい経験&勉強になったので、これを踏まえて本格的に出店を考えて行きたいと思います。
具体的には北秋田市のお祭りや花火大会など、地元のお店がたくさん出店するイベントで肩を並べられたらなぁ~…という、今までは憧れのレベルでしかなかったようなことなんですが。
 
今回やってみて、事前の準備と仕込みをきっちりやってあとは当日精一杯頑張れば何とかなる!ということが体でわかりましたw なによりも、ひとりではないので。相方と双方の家族と、みんなの協力あって出来ることだと思います。楽しんで、かつ赤字にならないようにさえすれば、大変でもきっとやり甲斐があるといまは思えます。

今後もよろしくお願いします

「言ノ葉食堂」初出店にご来店いただいた皆様、ありがとうございました!これからもっと精進して、またこのへんに出没しますので、その時はまたよろしくお願いします。
 

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link