秦基博コンサートツアー 2016「青の光景」2016/3/19 秋田県民会館公演レポート。

Sponsored Link

Pocket

「青の光景」アルバムツアー。

秦基博さんの昨年12月に発売されたアルバム「青の光景」のツアーが3月から始まりました。そのCD購入者先行予約で見事当選しまして、秋田県民会館公演に行って参りました。

席は1階の真ん中よりすこし後ろぐらいでした。前のほうは振り付けバッチリのファンクラブ層、というのは、山崎まさよしさんのライブと一緒でしたねw

059-1-1024x768

グッズを買うつもりもなかったので普通に開場時間に合わせて行ったら、千秋公園を取り囲むお堀に沿ってずらーっと大行列でびっくり。その向かい側にでっかいホテルができてたことにもびっくり。秋田市には高校生の頃いちばん通ってましたが、滅多に来ることがないもので。

062-1024x768

とはいえサクサクと進み、県民会館へ行列と共に吸い込まれる。中に入るのは初めてでしたが、2階をのぞけば大館市民会館とそう変わらない大きさに感じられました。秦さんとの距離もそこまで遠くなくて、アットホームな感じ。

063-1024x768

買いませんでしたがグッズ。やはり青色が多いです。あとスミレ色。(最新シングルですね)

 

064-768x1024

秦さんモデルのギター、メイトンも展示。

067-768x1024

こういうのときゃっきゃ写真を撮る女子多数…わたしはつくづく女子らしくないな。笑

ライブ本編レポート

さあここからは写真なしです。10分遅れぐらいでスタート。セットリストは確実ではないですが、だいたい合ってるはずですw

1、嘘

アルバムのオープニングでおなじみ、「嘘」のイントロが流れます。まぁ十中八九「嘘」で始まるだろうな、という予想通りでしたねw

まず思ったのは「ボーカルの音量でかっ」。先日のまさやんライブと比べても大きかった気がします。歌詞がよく聞き取れたのは良かったんですが、比例してアコギの音がずっと小さめに感じられて個人的には物足りなかったです。(「嘘」ではエレキでしたが。全体的に)

うーん、ポップス・歌モノだとこういうものなんだろうか。。。

2、ダイアローグ・モノローグ

2曲目がこれっていうのが意外でした。そしてこの曲で客席がパラパラと立ったのも意外でしたw 曲調w

秦さんものちのMCでイジってきました。笑

3、花咲きポプラ

これで立つならわかるよね、ってな話。アルバム曲じゃないものが急に来て「おや?」という気分に。

4、ROUTES

そしてアルバム曲に戻る。拭えない違和感。このあとにMC。

5、鱗 (うろこ)

定番曲というかヒットシングルより。高音の伸びがちょっといまいちかな?という印象。全体的に声が出にくそうというか、調子悪そうだなーと思いました。生ライブ観るの初めてだったので、いつもそうなのかは判断しかねますが。

ここでバンドメンバーはハケて、秦さんがひとり椅子に座ります。そして開場との掛け合いMC(長め)。

事前情報で「まさやんほどはMCが上手くない」と聞いていたので期待してなかったんですがw、そのせいか?思ったより面白かったです。

目の上に手を当てて(探す仕草で)「秋田美人を探す」くだりなど。笑

6、美しい穢れ

そしてCDでもギター1本の弾き語りである「美しい穢れ」。この曲がこの日いちばんでしたかねー、個人的には。最高にシビれました。もともと好きな曲でもあるんですが。

秦さんの声は弾き語りでいちばん映える気がします。バンドが悪いというわけではないんですが、弾き語りツアーも観てみたいなぁとは思いますね。

7、恋はやさし野辺の花よ

CMでおなじみの曲ですね。弾き語りにぴったり。

8、季節が笑う

この曲はベース・シンセとの3人編成。今回のバンドメンバーは男女比が「秦さんを審判として2:2(MCより)」なんですね。なので男3人での演奏でした。

唯一知らない曲だったんですが、「僕らをつなぐもの」のカップリング曲なんですね。青森の山内丸山遺跡ライブでもやってたようなのでけっこう定番曲なのかな?すっごい変則なリズムで、手拍子がぜんぜんできませんでしたw そもそもわからなかったし。。。

9、Fast Life

ここからは女子ふたりも加わって元のバンド編成へ。コンガのリズムとAメロの喋りの忙しさw が好きな曲です。ドラム・パーカスのあらきゆうこさん、ギター・バイオリン・コーラスの弓木英梨乃さんがそれぞれ一言挨拶。

あらきさんは「喫茶店でサラダにバナナが入っていたけど、それは秋田では普通なのか?その店だけなのか?」という話(※その店だけです)。弓木さんは「さっき食べたじるが…」と言い出して会場騒然。爆

どうやら「だまこ鍋が美味しかった」と言いたかったようで…

どんな味だったか、という話でシンセの皆川さんが「すき焼きを薄くしたみたいな味だよね」とおっしゃって、こ、これは県民を敵に回すぞ、と密かに思いましたw

にしてもメンバーとの雰囲気がすごくいい感じで、インタビューなんかを読んでもすごく仲が良さそうだし、尊敬と信頼関係がしっかりあるんだなぁと感じます。

弓木さんなんか「高校生の頃から秦さんを聴いていた」という世代なのに、一緒にやってるってすごいよなぁ。。。

10、ディープブルー

「聞いたら泣くかも」と思っていた曲でしたが、そこまで来なかった。おかしいなぁ。

11、水彩の月

この日「美しい穢れ」の次に感動したのはこの曲でした。正直、秦さんの声は出てませんでした…が!弓木さんのバイオリンが素晴らしい!神がかり的に素晴らしかった!バイオリンで泣けました。まじ。てか弓木さん、エレキもアコギもめちゃくちゃ上手い!

コーラスも完璧。何者??と調べたら「キリンジ」というバンドに2013年から加入されたメンバーの方だとか。今回のツアーサポートにも秦さんご指名だそうで。。。この若さですごい!

12、デイドリーマー

この曲に関しては「ほう、すいぶん後半にもってきたなぁ」と思いました。まぁ「ROOTS」が前半だったのでバランスかな?個人的にはこっちのほうが好きなので、前半で盛り上がりたかったですが。

13、Q & A

CDで聴くよりあんまりグッと来なかったのがこの曲。うーん、生だともっとカッコいいはずだと期待しすぎた??やはり秦さんはポップスの人というか…疾走感ある曲でも、決してロックにはならないですよね。

インタビューで「なにをやっても品がある」と書かれてましたが、それって言い換えれば「自分の壁を突き破らない」とも言える?とか考えたり。

「意外な一面がない」=「いつも自然体」かもしれないけど…もっと弾けてもいいんじゃないのかねえ?と好き勝手言ってみるw

14、グッバイ・アイザック

うーん、この曲ここじゃなかったような…?わからない…。Bメロでリズムが変わるので、前列のファンクラブ層が率先して手拍子でリズムをとって先導してました。連帯感w

15、あそぶおとな

アルバムの中でもそんなに目立たない曲といいますか、脇役的な。副菜的な。最後の「らららーららーらーらーらー♪」の大合唱が気持ちよかった!

16、スミレ

会場も声だしてあたたまってきたところでさらに、最新シングル曲は、MVで本人も披露している振り付けを一緒にやろう!のコーナー。秦さんが説明して何度かお客さんと一緒に練習しての本番。

楽しかったんですが…サビでの振り付けに夢中で曲がろくに聴けなかったのが残念でしたw

17、ひまわりの約束

「自分の歌は、自分が込めたり発した想いよりも、受け取った人たちそれぞれの中で意味をもつものであって欲しい。そういう意味でこの曲はいろんな人にいろんなかたちで届けられたと思う」という前置きではじまった、最大のヒット曲。

ギター1本で始まり、盛り上がり、ギター1本で終わる、その起承転結がひとつのストーリーであり、人生のようですね(どうした)。

18、Sally

きっと最後はこの曲だろうな~の予想通りのラスト。(てかアルバムそのまんま)

アンコール

さあ何の曲がくるかな?わくわくして待つ。

19、聖なる夜の贈り物

おっちゃんは、この曲がアンコールは予想通りだったそうですが、わたしは「Sally」まででアルバムの曲ぜんぶやったよな~と思っていて、「あ、この曲もあったわ」と気づいたぐらいw

MC「いやー、もうすぐクリスマスですね。あと9ヶ月後。」これどの会場でも言ってそうだなw

20、トラノコ

な…なぜ? ほかに聞きたい曲いっぱいあるのに…「初恋」とか「言ノ葉」とか聞きたいのに…なんでこの曲なんだーー!シングルでもないし!と、特に好きな曲でもないのでボヤく。

21、僕らをつなぐもの

やっぱ最後は「アイ」じゃない?の予想を覆された!!まぁ似た路線ですけどねw どちらも好きな曲。

最後にひとりで弾き語りというのは、「ツバメ」を弾き語って去っていったまさやんとおなじスタイルですねw

ライブ終了。

069-1024x768

そんな感じでちょうど2時間ぐらいのライブでした。まさやんの公演のあとでは、かっちりしたバンド編成と、CD通りの音作りに「うーん。。。」感は正直ありましたね。まぁそれはふたりのこだわりがただ違うだけかもしれませんが。そしてそれはそれぞれに良い点もそうでない点もあることなのでしょう。

あとはアルバムツアーなので致し方ないのはわかっているものの、やっぱりシングル曲・ヒット曲がもっと聞きたかったー!というのはあります。やはり「GREEN MIND」に行かなきゃだめかなぁ。

ちなみにおっちゃんは前回、2013年の「GREEN MIND」ツアーの秋田公演に行っております。レキシの池ちゃんが登場して大盛り上がりだった時だそうで…う、羨ましい。

感想をまとめると。

何といっても、弓木ちゃんのエレキはくっそかっこよかったし、弓木ちゃんのバイオリンは美しすぎたし、弓木ちゃんの喋りはかわいい!何ですかあの娘天才ですかw

いやー、帰り道ぞろぞろとまわりを歩く秦さんファンだらけの中、延々と弓木ちゃんの話をしてた我々、すっごい反感買ってたかも。。。まぁそれは半分冗談として。笑

「鱗」でファンになってからけっこう長いというのに、生でライブに行こうとはなかなか思わないというか…機会がなくて。まさやんといい、おっちゃんと好きなアーティストがかぶっていたことでこうして来られて良かったなぁと。

初の秦さん生ライブ、楽しませて頂きました。また秋田に来てくれる際には行きたいですね~。

 

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link