コトノタネ

男鹿の漁師がやっているお店!岩がきが食べられる。雄和丸の店(秋田県男鹿市)

time 2016/06/10

男鹿の漁師がやっているお店!岩がきが食べられる。雄和丸の店(秋田県男鹿市)
Pocket

sponsored link

男鹿の海沿い

男鹿水族館ついでに寄ったお店。海のまさに目の前です。「岩がき」の文字に迷わずインである。

雄和丸の店。たぶん船の名前そのまんまですね。メインの建物のほかに離れがあり、そちらに案内されました。小さいお店かと思ったけど、3〜4人スタッフがいてけっこう忙しくしているご様子。

うひょー!かきにさざえに海鮮尽くし~!テンションうなぎのぼり。「せっかくきたしいいの食べたいよね」ってことで一番お高いセットを頼む。これぞ観光客の心理。

壁に貼られたメニューが味わい深い。直売もあるみたい。

雄和丸丼 2500円

待望の海鮮どーん!海沿いに来たらやっぱコレですよね。この日はスズキ、そい、あいなめ、かんぱち、たこ、いくら、さざえ。赤身なしって逆に珍しい。あとパセリも珍しい。海鮮ときたら普通は大葉ですけどね。(文句ではありませんw)

おっちゃんがスズキを大絶賛してました。わたしとしてはあいなめが今いちでしたが、ほかはすべて鮮度がよくて臭みもなく、コリコリと歯ごたえもあって美味しかったです。あと味噌汁も。

塩辛とたくあんが思い切り市販品だったのが残念。手づくり感が欲しかったなあ。

雄和丸定食 2500円

おっちゃんに写真を頼んだら、ずいぶんと引きの画で撮ってくれましたwこちらはお造りとカキフライの定食。カキフライが手づくりだったのが素敵。衣は薄く身が厚かった。

ただ、生の岩がきもそうでしたが、かき自体がすごくさっぱりしていて、逆に言えば濃厚さに欠ける。まだ出はじめの時期だからですかねー。

山育ちゆえ、海の目の前というロケーションだけでだいぶテンションが上がりました。海の幸を堪能できてよかったです。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→旅館の倅で料理人のパートナー。

毎月のコトノタネ。



sponsored link