コトノタネ

函館旅行記2017〜函館ラーメンと活イカを食べた1日目〜

time 2017/05/23

函館旅行記2017〜函館ラーメンと活イカを食べた1日目〜
Pocket

sponsored link

函館旅行1日目

2016年12月の函館旅行からわずか4ヶ月あまり。意外なほどの手軽さと、まだまだ堪能しきれていないという思いから、はやくも再訪してきました。

前回と同じ、10時発の津軽海峡フェリーに乗ります。秋田県北秋田市から高速使って2時間ほど。

めちゃくちゃいい天気。

フェリー「ブルーハピネス」に乗船

フェリーターミナルでかんたんなご飯なら食べられたんですが、それに気づくのが遅すぎたw

ので、フェリーのなかで朝と昼の間のご飯。フェリー到着が14時前と微妙な時間なのでね。

大人の休日 津軽物語 1000円

フェリーターミナルの売店にあったもの。一見少なそうに見えましたが、2段重ねなのでけっこう充実の内容。

おっちゃんと1つの箸で交互に食べました。わびしいw

乗船時間は3時間40分とたっぷりあるので、暇つぶしにフェリーの中を探索。前回とは違う船でしたが、設備はほぼ一緒でした。ただし前回はガラガラでしたが、今回はツアー客の団体さんで賑わってました。

ちょっと食べてみたかった、自動販売機のごはんシリーズ。

フェリーのなかのテーブルについているなぞの突起がいつも気になります。おっちゃんは「こうやって使うんだ」って言い張ってましたが実際何なんでしょうか。

前回は外が大荒れで出られなったので、初のデッキ!風めちゃくちゃ強いけど気持ちいい〜。

音がすごくて大迫力。

上のほうでかるくタイタニックごっこもできます。

どのタイミングで撮ったか覚えてないけど…たぶん函館?

函館到着

函館も天気がよくて何よりです。

バスで函館駅へ向かい、函館駅から市電に乗って湯の川温泉へ。

電停のまわりはホテルばっかりですね〜。

鮫川なのにイカのかたちの看板ってところがおもしろい。

道すがらおいしいラーメンを食べて、今夜の宿へと向かいます。

羽根つき餃子とコクのあるスープがうまい!函館麺や一文字

湯の川温泉 河畔亭(かはんてい)へチェックイン

うろうろと迷って遠回りしましたが、どうにか宿に到着。けっこう大きいー。

2人にはじゅうぶんなスペースで、部屋おまかせプランでしたが「可能なら和室を希望」と添えておいたらほんとに和室にしてくれました!歓喜!ベッドだといつも眠れないんですよ…。

ブレたけどお茶菓子も函館っぽくてよい。

スタッフの感じもよく、建物もきれいでいいホテルでした。

本日のメインイベント、森山直太朗のライブへ

さて、湯の川まできた目的はライブ。会場は函館市民会館で、ホテルからも徒歩圏です。

ホテルの裏を通ったらあっさり電停に着きました。近かったのね。ちなみに電停前には足湯があり、人がいっぱいいました。

函館感あふれるマンホールがかわいい。

こちらが会場です。地元でチケットがとれずに函館まで来ましたが、その甲斐があったと断言できるぐらいいいライブでした。

森山直太朗15thアニバーサリーツアー「絶対、大丈夫」函館公演ネタバレ&感想(2017/4/23)

居酒屋で乾杯

ライブ後は湯の川で飲めるお店を探して入店。活イカが食べられて超満足でした。

【函館旅行】憧れの活イカ&北海道料理を堪能!あかちょうちん湯川店

ホテルのそばにこんなところが!となりもラーメン屋だったので、わざわざバスに移動してやってるってことなのだろうか…?

そしてホテルにもどって温泉を堪能しました。明日は函館をいろいろまわるよ!旅行記2日目に続きます。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→料理人の相方。キッチン昼ノ間のシェフ。お酒好き。



sponsored link