秋田県仙北市あきた芸術村 手創る市2018に行ってきた

スポンサーリンク

Pocket

あきた芸術村の「手創る市」とは

ゴールデンウィーク終了間近の5月5日日曜日、朝まで仕事をしたその足で仙北市まで行ってきました。

あきた芸術村で行われる、手創る市が目的です。

毎年やっているイベントのようで、飲食・雑貨・ファッションなど40店舗がならぶほか、DJによる音楽の提供、わらび座の舞台スタッフによる造形ワークショップなどが行われました。

そもそもわらび座まで来たのが初めて。田沢湖よりもさらに南なんですね。

わらび劇場・温泉ゆぽぽ・森林工芸館などの総称が「あきた芸術村」ということかな。

温泉は宿泊棟ともつながっていました。

めっちゃボケてた。

以前ガーデン&マーケットで飲んだスムージー屋さんですね。

天王グリーンランドでガーデンと雑貨のイベント開催!ガーデン&マーケットinあきた

公園っぽいところにまばらにテントがたってる感じで、お天気もよく歩いてるだけで気持ちいいですねぇ。

会場内のBGMは、服屋さんで流れているようなオシャレなもので、継ぎ目が不思議な感じでした。前の曲の最後と次の曲の最初が混ざってる、みたいな。

前日までの雨で少々ぬかるんでましたね。長靴履いてきてた人がうらやましかったw

田沢湖ビールのレストランもありました。

到着する14時までご飯も食べずに飛ばしてきたため、お腹ぺこぺこ。

行列ができていましたが、空の木ガーデンさんに並びました。秋田のイベントではおなじみですね。

手づくり雑貨が大集合!よこてお城山クラフトフェア2016&2017
秋田市民市場×のんびり=なんもダイニング!体感型フード&マルシェイベントへ潜入

フォーはベトナム料理で、平たい米粉麺の料理。まさか秋田のイベントでフォーが食べられるとは思いませんでした。

鶏肉のフォー 600円

スープだけ飲むと、ものすごい酸っぱさ!!しかし、麺と一緒に食べるとちょうどいいという不思議。

レモンとしょうがの効いた塩味という感じです。

麺は半透明で、時間が経ってものびなさそうなしっかりした感じ。平たい麺好きだし、この食感も好みですね。

あらかじめパクチーを入れてもいいか聞いてくれますが、苦手なのにチャレンジしてみました。笑

しかし、予想外にこのスープにはパクチーが合う……!!三つ葉系の香りに、後味にミントが混ざったみたいな、とにかく独特の味ですけどね。

しゃきしゃきのもやしと、細切れのほろほろの鶏肉、そして麺の相性はばっちりで、すんごくおいしかったです。本場のフォーはもっとナンプラーとか効いてそうだし、日本人向けにアレンジしてあるのかもしれませんが、かえってそれがよかったのかもしれない。

フォーってそもそもあまり馴染みがない料理だと思うのですが、わたしの前に並んでいた5、6人のお客さんが全員フォーを頼んでいたのがすごい!!「空の木さんならおいしいだろう」という期待値もありそうですね。

にゃんこを散歩してる人がいました。

こちらがわらび座ですね。

小劇場もありました。

遊び心がすてき。

駐車場側にある森林工芸館。お手洗いまで木がいっぱいで癒やされます。

かぁ〜わいい〜な〜。

木ってやっぱりぬくもりがあるなー。

わらび座は大きい通りを1本入ったところにあり、まわりはTHE・農道でしたね。

雰囲気がよかったです

やっぱり屋外イベントは、自然の中が合いますね〜。それこそガーデン&マーケットや、横手お城山クラフトフェアなどと通じるものを感じました。

手づくり雑貨が大集合!よこてお城山クラフトフェア2016&2017

雑貨系のお店はあまり多くはありませんでしたが、ついでに温泉に寄ってもいいし、田沢湖ビール飲んでいってもいいし、わらび座を見ていってもいいし…と立地的にはばっちりなんじゃないでしょうか。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

スポンサーリンク