気軽にイタリアンを。カジュアルイタリアンレストラン カプリチョーザ弘前店

Sponsored Link

Pocket

弘前駅前でイタリアン

弘前駅前で用事があったこの日。

徒歩圏には居酒屋が多く、ご飯もので気軽に入れそうなカプリチョーザに行ってみました。全国的に展開している、イタリアンのチェーン店です。

カプリチョーザはイタリア語で「気まぐれ」という意味だそう。都会にいた頃に何度か行ったことがあります。

店内は広めで、喫煙・禁煙に分かれています。若いスタッフが多かったですね、さすが弘前。(?)

単品メニューもたくさんありますが、おっちゃんと2人だったのでパスタとピザが両方食べられる「2名様セット」を選びました。

それぞれ4〜7種類の中から選ぶことができます。おっちゃんが食べたがった「ホエー豚のローストをのせたキノコのクリームソーススパゲティ」が品切れで残念。

まずはサラダがきました。粉チーズたっぷりで、ドレッシングは酸っぱめ。トレビス(紫キャベツ)やパプリカ入りで彩りがいいですね。

カリカリのベーコンの食感もgood。

パスタ:カルボナーラ

パスタをクリーム系、ピザをトマト系にしたかったため、パスタは王道のカルボナーラを選択。

自宅ではよく作りますが、お店のカルボナーラって久しく食べてなかったなぁ。

麺がじゃっかん太めでモチモチとした感じ。カルボナーラって濃厚だと後半くどくなってくるんですが、これはほどよいバランスでおいしかったです。

ピザ:マリナーラ 魚介のトマトソース

マリナーラはトマトが主役のピザのためか、チーズは控えめですね。

生地はやわらかいふかふかタイプ。ベースのトマトソースはあっさりしていて、魚介がかなり主張してます。

いか、えび、あさりのどれもプリプリしてて歯ごたえがよかったです。

シンプルといえばシンプルなので、後半ちょっと飽きてきたかも。バジルソースとかで変化をつけられればなぁ。

万人受けする気軽なイタリアン

最近ファミレスっぽいお店に行くと、どこでも同じ感想を持ってしまいます。「万人受けする味に持っていってるな〜」と。

悪く言えば個性がない。でも焼肉店であれラーメン店であれ、幅広い客層をとりこみたいお店にはそれこそが大事なポイントなのかもしれませんね。

ただわたしは食べ歩きの頻度が増えて舌が肥えてきたせいかw、最近はこの「万人受けする味」に物足りなさを覚えるようになってしまいました…。

今後は、あえて変わり種メニューを頼むということも視野に入れて行こうかしら。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link