【北秋田市たかのすまち歩き】ミナト青果さん2回目

最終更新日時 : 2016年12月29日
Pocket

スポンサーリンク

ふたたびミナト青果さんへ

ついこの間レポートしたばかだというのに…空き時間に行ったらネタの宝庫だったので、間をあけずに2回目のレポートになります。訪問は平日の昼間。前回お店の前に山積みになっていた、キロ単位のにんじんや大根はなくなっていました。

野菜に大興奮の巻。このぴっかぴかで巨大な大根が、50円ですよ…

恐らく、くだんの店先でkg売りしていたものの残りをバラして売っているんでしょうね。にしても、B品でもないのにこれは安すぎる。そして白菜100円、でっっかいかぶは80円。ほかにもキャベツ100円にんじん1袋で100円など。ちなみに入口入ってすぐの野菜コーナーでは通常の値段で売っており、安くなっているのはレジの奥なので注意。(わたしはそれに気づいてからしっかり入れ替えました。。。)

ちょっと語りたいこと。

このへんのスーパーの野菜コーナーには、地元でとれた産直のものと、他県からきたものが混在していたりします。だいたい見れば地元のものはすぐにわかります。新鮮でかつ、安いからです。

直売所もたくさんありますしわたしなんかは大好きでめっちゃ通うんですが、ふつうのスーパーに行ってもなるべく地元のものを買うようにしてます。結果的にそのほうが新鮮で安いので、みんなに良い循環ですね。

同じく肉・魚もなるべく中国やアメリカのものは買わずに国産を選ぶように心がけています。こちらは値は張ってしまいますが、長い目で見て「応援している」ことになるからです。

良いものに対してお金を払う、それはそのものの「価値」に対して払うことと同じなのです。本でも、CDでも、外食でも、すべてそうです。何気なくやっている「買う」という行為の積み重ねが、その商品の未来を作り上げています。

商店街でものを買うように心がけているのも、つまりはそういうこと。「応援しています」という意思表示になるのです。

話をもどして。こちらも激安売りな果物たち。

今回行ったのは、前回もたべたこのバラ売りみかんが美味しくてまた食べたかったから。種類は違いますがこの「味好みかん」も非常に美味しかったです。バナナも衝撃の安さ。ちょっと見た目が茶色くなっただけで!わたしはむしろ若くて青い味のバナナよりも、茶色くなってきたほうが甘くて美味しいのですきなので願ってもない。

これ、4房じゃないですよ。下段にも4房あって8房です!しかもデカイ。

今回はお惣菜にも手をだしてみました。あんこうの唐揚げ。でもこれは失敗。衣の味が濃くて、正直あんこうの味はぴんと来ませんでした。

これも好奇心で買ってみました。でも…これもハズレでしたねー。やはり八百屋は八百屋だ。

いちおうこういうコーナーがあったから、いけるかと思ったんだけどな~。

鷹巣の誇る、「武藤製パン」のパンがたくさんありましたよ。このレトロなパッケージがたまらないですよね~。いちばん有名であろう「チョコバターサンド」は、あまりにも日常的に食べてるのでわざわざ買う発想がなかったです。笑

 

とにかく野菜の安さとクオリティにびっくり。

ゆえに、通ってしまいそうですよ、ミナト青果さん。たくさんの中から選べるわけでもないし、行った日によって目玉はバラバラなんですが、それを愉しむのがこういうお店の醍醐味なんでしょうね~。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/kita-akita-city/machiaruki-minato2/trackback/

PAGE TOP