岩手県山田町 道の駅やまだで海鮮物を買いまくってきた

Pocket

岩手県の観光名所・浄土ヶ浜に行った日。

関連記事:岩手県宮古市の観光名所・浄土ヶ浜を歩いてみた

少し足を伸ばして、宮古市から30kmほど南下したところにある山田町の道の駅やまだに行ってきました。

ここは以前1人で立ち寄ったところがあり、海鮮物が豊富に売られていたことを覚えていたんです。

▼磯ラーメンも食べました。

関連記事:新鮮な海の恵みが味わえる!岩手県山田町 浜処いっぷく

道の駅やまだへ

山田町は海辺のまちで、車で走っているだけでも漁師町の雰囲気を感じます。

とはいえ、実際は震災の工事をしているところがかなり多く、仮設住宅や仮設商店街が並んでいたりと、かなりの生々しさでしたね…

道の駅やまだは高台にあるため、津波はまぬがれたのでしょう。

ここは海産物も豊富ですが、産直部分やお土産も見ごたえがあります。

▼オリジナルの生せんべいが人気。

参考:川最 山田生せんべい(OMIYA!)

買ったものいろいろ

松茸です。ちょうど出始めのシーズンだった模様。

商品棚に並べられるそばから人がむらがってすごかったです。まさかそこにおっちゃんも加わっているとは思いませんでしたが…笑

ちなみに山田町は松茸が有名なようです。

もっと大きくて高いものもありましたが、手ごろなものを買ったみたいですね。

肉はさみにして食べました。おいしかった〜。松茸は味というより香りがすごい。

ブレてますが、へらかにと書いてますね。

かにの種類には詳しくないのでよくわかりませんが、おっちゃんがかに汁にしてくれまして、おいしかったです。

赤ざら貝とは何ぞや…ホタテっぽいけどなぁ…と思っていたら、地元の人らしきおじいちゃんが「ホタテだぁ〜」と教えてくれました。笑

小さくてむくのが大変でしたが、バター炒めにしてみた。歯ごたえがプリップリで美味。

こちらは冷凍で売られていた秋鮭の切り身。

ひと切れは小ぶりなものの、厚みはあるし、500円で7〜8切れ入っててお得でした。

しゅうり貝とは何ぞや…ムール貝に見えるけど…と思っていたら、地元の人らしきおじいちゃんが「ムール貝だぁ〜」と教えてくれました。(さっきと同じ流れ)

殻つきも売っていましたが、こいつを洗って剥くのはけっこう手間なので(八戸で経験済)、ボイル済みは便利ですね。

関連記事:品揃え豊富!牡蠣もウニも毛ガニもたっぷり。青森県八戸市八食センター

イカの白子なんて初めて見ました。おっちゃんが興味津々で購入。

おっちゃんが作ったので、調理方法はわかりません。笑 肝あえみたいにしてたのかな。

白子独特の濃厚さと食感があっておいしかったですよ。

冷凍で売られていたもの。小分けパックで、かつ冷凍になっているのは便利ですねぇ。

まとめ:保冷バッグをたずさえて行こう

ふだんは内陸部(山)に住んでいるため、地元の海鮮物をこうやって買う機会がほとんどないんですよね。

道の駅で手に入るなんてうらやましい…

遠くから買い付け(?)に行くなら、保冷バッグ&保冷剤を持っていくのがおすすめです。我々もごっそり買うことを想定して持っていって正解でした。笑

 

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket