おしゃれな盛り付けと独特の麺。柳麺多むらの梅塩ラーメン(秋田県能代市)

最終更新日時 : 2016年11月21日
Pocket

スポンサーリンク

食べたさを抑えきれずに

突発的に行ってきました。何ならわざわざ食べに能代まで行ったようなもの。

きっかけはこの投稿を見たこと。

「多むら」の名前は去年から知っていて、いつか行きたいな〜とは思ってました。

がこの「塩煮干しソバ」が妙〜にこの時の自分にささり。。。あとチャーシューを炙った肉めしも美味しそう!

翌日いいお天気だったし、朝からひと仕事終えたし、次の日からは忙しくて行けないし…ってことで行くことに。

まさかの1人ラーメン

img_0763

このブログを始めてから意外や意外、ラーメンの記事がけっこうありますが、もともと特にラーメン好きではございません。

どちらかというとラーメン好きなおっちゃんに影響された部分が大きいですね。2人ともお昼は麺派なので、選択肢の多さ的にラーメンが多くなる。

でもさすがに女1人ラーメンは経験なかったんですけど。。。「食べたさ」の勢いすごいですね。いけちゃいました。笑

img_0880

思ったよりシンプルなメニュー。餃子が水餃子というのが変わってますな。

img_0884

FBで見たメニューは「木曜限定」と書いていたので。。。今日はないんだねぇ。残念。

img_0764

梅塩ラーメン 880円

もしかしなくてもメニューの中で一番値段が高かったのね。使ってる具が多いし。

塩ラーメンに梅の組み合わせ、あってもまったくおかしくないのに、実際やってるとこはなかなか見ません。

 

これはたぶん煮干しじゃなく鶏ダシじゃないかな?

でも食べ慣れてるpiyo2のものともちょっと違う。コクの深さはこっちのほうがありました。よく言えばpiyo2のほうがあっさりしてます。

麺は細めのストレートで、最近わたしが(夏に余ったそうめん消費のために)作っているにゅうめんとほぼ同じ感覚でしたね。

それだけに絡んじゃって絡んじゃって、うつわの深さとも相まって最初は持ち上げづらかったです。

そう、これ一見少なく見えるけど、底が深いので掘っても掘っても出てくるw

 

梅をたたいたペーストと梅干しの両方がのってます。ペーストのほうはスープと混ぜてしまい、梅干しをつつきながら食べました。

甘味と酸味に負けない強さのスープだったので、そこまで梅に支配されず。

しそを刻んだものが散らされた見た目が梅の赤とあいまっておしゃれで、女子ウケするだろうな〜。

 

チャーシューは真空調理のそれで、独特の食感です。

意外に主張してたのがメンマで、太いところがたまたま当たったのかわかりませんがすごい食べごたえでした。メンマ自体にそうとう味が染み込んでて美味しかったですが。

 

最後のほうはかなりしょっぱくなってきました。あと麺がもともとやわらかめなので最後はのびた感じに。

夏は冷やしもあるみたいで、むしろ冷やしのほうがさっぱりして合いそうだと思いました。

梅と合わせるにはスープが強い印象だったので。

他も食べたい

当たり前なんですがふだんはおっちゃんと2人でばかり食べているので、単純に最低2種類は食べられるんですよね。

きょうはぎょうざも、チャーシューご飯もわたし1人のお腹にはスペースがなく。。。なんか悔しい!

 

「辛シビラーメン」は山椒と酸味の効いた辛いラーメンとのことで、おっちゃんが好きそうですね。

担々麺も水ぎょうざもめっちゃ気になるし、また2人で来訪したいと思います。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/noshiro/tamura/trackback/

PAGE TOP