更新停止のお知らせ

大館市 茶色の小びんの黒醤油&白醤油中華そば


大館市税務署近くにある茶色の小びんへ行ってきました。

醤油だけで何種類もある、醤油にこだわったラーメン店ですね。

大館市 茶色の小びん

昔の人なら喫茶店として思い浮かぶかもしれませんが、現在はラーメン店、のはずです。

果たして「喫茶店からラーメン店になった」のか、「喫茶店のままでラーメンも出している」のか、誰もはっきりとはわからない様子…

なぜなら、内装が喫茶店そのものだからです。笑

そしてコーヒー・ケーキなどの軽食もある。

灰皿がおいてあるのも喫茶店の名残っぽいですよね。

メニューはこんな感じ。醤油だけで黒・紫・白があります。

あごだしも、大館産味噌を使ったも気になりましたが、とりあえずスタンダードに醤油いってみましょう。

餃子を頼んだら来たのがこれ。

醤油にこだわる店なのに市販の出しちゃうんか〜い。

白醤油中華そば(中)600円

関西風とのことで、色薄めのだしです。刻みネギが珍しい。

さっぱりすっきりしてて、塩ラーメンみたいですね。ただ塩よりも醤油独特の丸みがありました。

わたしは関西風だしも塩ラーメンも好きなので、好みの味です。

しかしこの黄色い麺の感じといいチャーシューの感じといい、すごく昔っぽい。昔のラーメンだなぁ。

黒醤油(大)700円

おっちゃんが頼んだもの。やや甘めでコクのあるスープでした。

あー、これはそれこそスタンダードなラーメンですね。昔ながらのラーメンといえばこれ、という味。

焼ギョーザ(6個)350円

ギョーザは5個と6個から選べるのがうれしい。

野菜多めで、下味は薄めでした。

他店では肉汁じゅわっ!みたいなのが多いですが、それに比べるとすごく素朴な味です。

まとめ:昔ながらのラーメンが食べられるよ

いろんなラーメン店に行っていると、若い人が作る今どきのラーメンと、歴史あるお店が作る昔ながらのラーメンにはっきりと分かれてきている気がします。

茶色の小びんは明らかに後者で、吾作に行ったときのような、懐かし〜い気分に浸れました。

関連記事:味とのれんを大切にする店 吾作 新能代店のみそラーメン

味とのれんを大切にする店 吾作 新能代店のみそラーメン

そういう意味では、幅広い年代に受け入れられる味かもしれませんね。

スタンダードな黒醤油以外にもいろいろあるので、何度行っても楽しめるお店だと思います。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ