コトノタネ

蕎麦 櫟(いちい)の比内地鶏そぼろそば(秋田県大館市)

time 2016/07/14

蕎麦 櫟(いちい)の比内地鶏そぼろそば(秋田県大館市)
Pocket

sponsored link

大館のそば屋さん

 

オープンから1年ぐらい経ってようやく行けました。櫟(いちい)。難しい字。

鷹巣にはいな穂池田屋と蕎麦屋さんがあります。

大館でほかに知っているのは松くらぐらいで、ここは基本的に評判があんまり&わたしもあんまり…なのでまず行くことがない。

でも蕎麦食べたい気分のときってけっこうあるよねー。

 

というわけで、あれば重宝されるはずの待望の蕎麦屋さん。

「十割そば」ののぼりが立ってるし、期待。

 

026

ただこの立地。今まで数々のお店ができては潰れていった場所らしい、地元民のおっちゃん情報によると。

027

17時半頃来店。ほかに女性客がひとり。

店員さんはどうやら1人でまわされてました。ピーク時はもっといるのかもしれないけど。

 

029

ちょっと変わった方式で、温かいそばは二八そば、冷たいそばは十割そばらしい。

 

028

この日の大館は33℃を記録。やっぱ冷たいのがいいな…と、目にとまったのが「冷やし比内地鶏そぼろそば」。

「冷やし」なのに「比内地鶏そぼろ」でしかも「そば」!?

いろんな意味で気になるのでこれに決定。

 

033

あとから説明があったことに気づく。

 

032

普通におすすめメニューだったのね…

逆に言えばこれ以外にピンときたものがなかったんですよね。字面だけ見ても普通すぎて惹かれるものがなかった。

 

あっという間に来ました。

 

035

比内地鶏そぼろそば 800円

 

おぉ…予想と全然違った見た目。冷やなのにこの汁の量とは一体…?

 

036

しずる感を狙ってみました。

かなり細かいそぼろ。

まずそぼろだけ食べると…おぉ?予想外にぼそぼそしている。

食感はそぼろっぽさを通り越してざらざらである。味わいもほぼ抜けている。

担々麺のそぼろ的なものを想像すると裏切られます。

 

つゆを飲む。ごま油が効いてる(し明らかに汁に浮いてる)。ちょっと濃いかも。

 

この時点では「うわーハズしたかもー」と正直思ってました…が!

どんでん返しありましたよ。

 

そぼろと汁と麺を混ぜてぐわっと食べてみたら…合うじゃん!何これ!!

まあ「比内地鶏感」はそこまでないものの、ごま油と汁の濃さが肉と交わることでバランスが整った、という感じ。

 

何かっぽくもなく、なんかあとひく感じの味だなあ。不思議。

桜木屋のニラそばほどクセにはならないけど…(何だその比較)

 

冷たいそぼろってどうなの?って思ったけど、違和感なかったです。

あとねえ、肉が混じった汁は結果ごくごく飲めるんですよ!これすごいな。

 

記事によれば山形の肉そばというものがベースになってるらしいですが、他にこういう蕎麦を食べたことがなかったので。

アリなんだな、て思いました。

 

あとね、麺が美味しい。これは完全にわたしの好みでした。

もともと更科派ですが、池田屋よりもさらに好きかな。

なので温かい二八そばのほうも気になるー。

 

あと気になるのはやっぱ天ぷら系かな…

値段的にもお手頃なのでまた行きたいです。

 

 

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→料理人の相方。キッチン昼ノ間のシェフ。お酒好き。

毎月のコトノタネ。



sponsored link