大館市有浦 島田屋でかつ重とさぬきうどん。

最終更新日時 : 2016年5月9日
Pocket

スポンサーリンク

元ハローマック。

 

019

 

この形状を見るとどうしても思い出してしまうんですよね…ここにあったおもちゃ屋のこと。

その当時は隣は「本のイレブン」でしたかねえ。どちらも今は無きお店。

 

というわけで、大館市有浦にある「島田屋」へ。

数少ない、「何度でもリピートしたいお店」のひとつです。

もともと釈迦内にあったとんかつ屋さんが移転してきたお店で、当時から大量の漫画本が名物だった、とは大館市民のおっちゃん情報。わたしは釈迦内のほうのお店は存在すら知りませんでした。

「島田屋」ができるすこし前に、うどんオンリーのお店がはじまってすぐ閉まり「島田屋」が出来たんですが、どうやらどちらも関係者だったようで…

結果的に、「かつ重と讃岐うどん」という二大柱にして成功した好例だと思います。

 

014

「小かつ重×小うどんのセット」 750円

かつ重のサイズとうどんのサイズを選ぶことができまして、わたしはいつもこの「しょうしょう」。(これで店員さんに通じますw)

これでも充分お腹いっぱいになるんですよ。並とか大とか組み合わせて食べられる男性がちょっと羨ましかったり。

 

まず「讃岐うどん」自体がこのへんにない、というより「なかった」んです。丸亀製麺ができるまでね。でもここのうどんだしは本当の関西風で、丸亀とはまったく違います。

わたしはもともと関西風の薄い色の出汁のほうが好きで、初めて食べたときにはこのへんで食べられるなんてと感動したものです。

 

015

うどんも自家製手打ち麺で程よいコシがあって美味しい。麺だけとっても丸亀より好き。

 

016

 

そしてなんといってもこの「かつ重」。「かつ丼」でもなく「かつとじ」でもなく、「かつ重」。お重に入っていることによって特別感と高級感が出ている。ほんのすこしの差なのにそれが個性になっている…賢いぜ!

肉厚でやわらかいお肉によく味がしみていて文句なしに美味しい。

何度食べても「また食べたい」と思う味。濃いめですけどクセになる。

そしてこってり甘めのタレのあとに→さっぱり関西風うどんだしを求める、というループで、このセットは上手くできている。。。。のかも?

ちなみに、この愛想のないサラダという名目のキャベツの千切りは、はっきり言って要らないと思います。

ドレッシングがボトルでついてくる「定食屋感」は嫌いじゃないですが。

すべての定食にこれ出すぐらいなら、もうすこし手をかけた煮物なりおひたしなりの、簡単な小鉢一品つける「気持ち」が欲しいところ。

他が良いだけにねぇ…。それがあったら個人的には100点つけます。

でも100点じゃないから愛おしいってこともあるよね。(どないやねん)

 

017

 

メニューはけっこう豊富なんですが、このふたつが最強すぎてそれ以外を頼む機会がないのがもどかしい。

かつ重は持ち帰りもあります。基本ここは出てくるのがすっごい早いので、持ち帰りも思ってる以上に早そうですね。笑

誇張でなくこの「小×小セット」も3分で出てきました。せっかくの漫画読む暇ないやんw

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/oodate-city/shimadaya/trackback/

PAGE TOP