大館市御成町 わっぱビルヂング内 S.witch cafe(スイッチカフェ)

Pocket

2018年8月に大館駅前御成町にオープンした「わっぱビルヂング」をのぞいてきました。

今回は主にS.witch cafe(スイッチカフェ)の話です。

わっぱビルヂングとは

駅前とありましたが、場所的には御成座のある並びですね。

関連記事:人生フルーツ&この世界の片隅に。御成座で映画2本立て

関連記事:ドキュメンタリー映画「ふたりの桃源郷」を大館の映画館御成座で鑑賞(秋田県大館市)

空きビルだったところを柴田慶信商店が買い取り、リノベーションしたそう。

「わっぱビルヂング」は「伝統」×「食」×「交流」の場

大館駅前至近の好立地にあるビルをリノベーションし、「伝統」×「食」×「交流」の3つの機能を持つにぎわい創出の場として活用します。

「曲げわっぱ」の職人技を感じられるギャラリー&ショップ、地元大館出身の姉妹が運営するカフェに加え、協働や小商い・ダブルワークへの挑戦・起業など新しい取り組みを応援するコワーキングスペースの3つのテナントが入る当ビル。

大館の玄関口でもあるこの場所は、観光・ビジネスの拠点として地域の魅力・人・仕事に出会える場として機能するだけでなく、県内外のコラボレーションによる新たな大館の魅力創出の可能性も生み出します。(わっぱビルヂングHPより)

わっぱビルヂングには主に3つのテナントが入っています。

  • 柴田慶信商店・・・大館曲げわっぱのショップ&ギャラリー
  • S.witch cafe(スイッチカフェ)・・・カフェ
  • MARUWWA(マルーワ)・・・シェアオフィス&コワーキングスペース

伝統に触れ、食を楽しみ、交流を深める…なかなかバランスがいいラインナップではないでしょうか。

ただ実際は駅前通りは閑散としていて、人も歩いていなくて…「大丈夫かなあ」というのが正直なところ。苦笑

建物の裏に駐車場がありますが、あまり台数は多くないです。

わたしは駅前に停めました。

建物の左手がマルーワ、続いて柴田慶信商店、右手にカフェという並び。

マルーワについては大館ブロガーの&-さんが書いてくれています。

参考:わっぱビルヂング2階 コワーキングスペース MARUWWAに行ってみた 

柴田慶信商店はガラス張りで、外からもよく見えました。

広めで、曲げわっぱ製品がずらーっと展示されているほか、テーブル&椅子もありましたね。多少座ってゆっくりもできるのかな。

きょうの目的はS.witch cafe(スイッチカフェ)です。外からの様子。

大館出身の姉妹で営業されているそうで、パティシエ&バリスタの資格をお持ちだとか。

お菓子のショーケース。

ショーケースの上部には焼き菓子もありましたよ。

レモネード 450円

コーヒーが飲めないためレモネードを選択。

通常メニューに書かれていないので、夏限定のメニューかもしれませんね。

生レモンがたっぷりはいっていてさわやか。青い見た目もかわいいです。

大館にあまりないw おしゃれスポットとあって、インスタにもおしゃれ写真が載ってますねー。(ハッシュタグ #スイッチカフェにて)

ちなみにカフェで買った飲み物はマルーワに持ち込めるようです。

まとめ:若い人向き

ざっくり言えば若い人・女性向けかなーと。

御成町を歩いて通りがかることはあんまりないと思いますが、若い人や女性ならわざわざ行くんじゃないでしょうか。

かわいい・おしゃれなのでね。

たとえば観光客がきても、駅を出てぱっと目に入る場所ではないので、立地的にどうなのかな…とは思いますが、定着するよう頑張ってもらいたいものです。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket