かんたん味玉(味つき玉子)のつくりかた。

最終更新日時 : 2016年1月11日
Pocket

スポンサーリンク

たまご料理はさまざまありますが…

 

1度つくっておけば手軽に食べられるもののひとつが、ゆで玉子。

玉子を大量にいただいたときには一気に10個ぐらいゆでておくのですが、あると家族みんながどんどんと食べてあっという間になくなってしまいます。笑

ただのゆで玉子でもいいのですが、たまには味つけ玉子に。

といっても、めんつゆにつけておくだけなので、レシピとも呼べないんですが…笑。

 

001

お好きな量の玉子を水から火にかけ、沸騰したら5分で火を止めてすぐに冷やします。5分だとかなり半熟とろ~りです。固さはお好みで。

通常3倍希釈のめんつゆなら一晩もつければ十分味がつきますが、濃いゆえに量が入れられなくて全体が浸らないので、今回は薄めて使いました。

全体が浸るように袋に入れて。一晩ごとにひっくり返しても可。

 

005

そして3日後。まわりもうっすら茶色く色付き、味がいい感じに滲みています。

半熟加減も成功でした。

お弁当に入れたり、おやつにつまんだり(?)なかなか便利ですよ。

 

その他、たまご料理

 

039

(マスコットキャラのへちゃ子でち)

たまご料理でわたしがいちばん作るのは、実は卵焼きです。

こちらはいつぞや家呑みしたときのおつまみメニュー(写すべきメインを間違えてるけどw)

 

だし巻きは手間がかかるので、明太子・大葉・海苔・ねぎ・かつおぶし・ツナなどそのときにある具を入れて巻くことが多いですね。

今度「卵料理」ってカテゴリでまとめて載せようかなー。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/recipe/egg/trackback/

PAGE TOP