コトノタネ

【キンパ】韓国風海苔巻きの作り方【俺流】

time 2016/10/12

【キンパ】韓国風海苔巻きの作り方【俺流】
Pocket

sponsored link

韓国仕込み→我流に変化

その昔、大阪で働いていた頃。韓国人の同僚に、本場の海苔巻きの作り方を教わりました。

そこから自分好みにアレンジを加え、もはや原型がわからなくなったキンパ(韓国風海苔巻き)。

今でもたまに作ります。我流だけど。

ご飯にごま油を混ぜるので、翌日になってもご飯が固くなりにくいのがいいところ。実際に、横手に行った日に持っていって公園で朝ごはんがわりにしましたしね。

我流レシピ〜まずは材料を用意

1、米

img_0426

今回は10本分で米3合炊きましたが、足りませんでした(いきなり挫折の予感)

確か前回は5合炊いた気がするので、多めに炊くのが吉ですね。足りないよりは余るほうが…ね(遠い目)

ただし、3〜4人家族なら5本も巻けば充分です。10本巻くのは大変ですw

 

韓国風なので、少しの塩とた〜っぷりのごま油、白ごまを入れて混ぜます。そのため、ごはんは普段より固めに炊くといいです。

本来のキンパは韓国海苔を使うところ、我流では日本の普通〜の海苔を使うため、米に混ぜるごま油は「こ、こんなに……」って引くぐらい多めで大丈夫です。実際食べると多くは感じません。

2、海苔

img_0423

普通〜の日本の焼き海苔です。10枚入り。韓国のりがあれば使ってもいいですが、このへんではミニサイズはあっても大判はあまり見かけないので…

もしくは普通〜の海苔に、あとからごま油を塗って塩をまぶすという手もあります。まぁ手がベットベトになるんで、わたしはご飯にごま油を混ぜれば充分だと思いますが。

3、具

img_0422

今回のラインナップはこちら。わたしも作るたびに具が違ってるし、要は自分の好きなもの入れたらいいと思います。

記憶の限り書くと、確か本場のキンパにはたくあん、ほうれん草、牛肉、キムチじゃなかったかなぁ……。あ、ナムルも入れてたかもしれない。でも韓国でもきっと何パターンかあると思いますよ。ツナとかも見たことある気が。

 

気にするポイントはたぶん色合いですね。赤・黃・緑を揃えると華やかに見えます。

他にわたしが入れるとしたら卵・魚肉ソーセージ・そぼろ・キムチ・ほうれん草あたりですかねぇ。それぞれ上の具がないときに代えるという感じで。

味としてパンチがあるのはなんといってもたくあん。これがあれば、醤油がなくてもそのままパクパク食べられます。

同じ意味でキムチも強い。肉系も強めに甘辛く味つけたほうがいいですね。

巻いていきます

img_0432

それでは巻いていきます。すだれ(100均にもあるよ)に海苔の裏面が上になるように置きます。つるつるしたほうが表、ざらざらしたほうが裏です。

で、四隅をあけて、なるべく厚みが均一になるようにご飯をおいていきます。そんな神経質にならなくてもだいたいでいいんですが、慣れないと意外と難しいんですよねこれ。

ご飯を多く(厚く)するほど太い海苔巻きになります。

img_0433

お次は具を並べていきます。置き方は適当です。断面を気にする人は綿密に計算して置いてくださいw

このとき、手前側にご飯がちょっと見えるようにして並べるのがポイント。この手前部分のご飯をこんもり山形にする人もいますね。

ちょっと調べたら、ご飯の量は半面ぐらいでもいいようです。そういえば同僚もそうやって作ってたような…。

img_0429

具を軽く指で抑えつつ、ぐっと端から1回転させ、そこで1回止まって「きゅっ」と締めます。↑この形になるように。イメージは丸というより四角形(長方形)です。

そしたらすだれだけ持ち上げて(海苔は1周した状態)、あとは終わりまでぐるぐるっと巻きます。

ちなみにこれ、べつにキンパの巻き方ではなく、巻き寿司全般に使う方法です。

img_0430

巻いた状態。端っこからいろんな具が飛び出ていても気にしない。

img_0431

断面はこんな感じ。うん、奥側のご飯こんなにいらなかったなw 具を巻く面積ぶんのご飯があれば充分ですね。

……じゃあ米3合で足りたんじゃん……!(書きながら気づく)

あとこれ見て思ったんですが、横に具を並べるより上に重ねて置いたほうが綺麗なのかもしれません。

できあがり

img_0443

なんだかんだ言いつつ出来上がり。これで4本分プラス、上に乗ってるのはちょこっと余ったご飯で無理やり巻いたミニサイズです。こっちのほうが綺麗だなw

昔は仕事でいろんなロール(カリフォルニアロールとかw)を巻きましたが、キンパを覚えてからはキンパしか作ってない気がします。うーん、何でかな…日本の巻き寿司というと、まぐろとかサーモンとかアボカドとか納豆とかのイメージが強いからかな。なんか気軽にパッと作れる材料じゃないんですよね。あとスーパー行けば普通に買えるしw

 

その点キンパはもともと家庭料理で、韓国のオモニ(母)たちが家にあるもので作るらしい。

使う具材も多いし野菜もとれるし見た目も華やかだしで、なんとなく手づくりするのも楽しいんですよね。

 

海苔巻きに限らず手巻き寿司系は、お子さんと作業するのも楽しいし食べるのも楽しくて気分も変わっておすすめです。そういえば小さい頃誕生日というと手巻き寿司をやってた時期があったのを思い出しました。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→料理人の相方。キッチン昼ノ間のシェフ。お酒好き。



sponsored link