お好み焼き、ならぬ「お焼き」です。

Pocket

スポンサーリンク

その名は「お焼き」

 
昔働いていた居酒屋にあったメニュー、「お焼き」。ソースなどはかけず、だし味でいただくタイプでした。
そのときいた副料理長は大阪の人で、よく大阪仕込みのお好み焼きをまかないでつくってくれました。
 
その2つの記憶がわたしの中でなんとなく融合して、つくっているうちに自分流になったレシピがこちらになりますw
 
珍しく細かくレシピを書いてみましょう。再現するひとがいるのかは知りませんがw
 

お焼き  材料(20cm大4枚分)

006

 
  • 豚バラスライス 300グラム→20cmほどにカット
  • キャベツ 中半玉ぐらい。大きければ1/4とか、とにかく「キャベツ焼き」と言い換えてもいいほどにたっぷり→太めの千切り、もしくは細長いザク切り。(※同じことです)
  • 長いも 500グラム→すりおろす
  • 長ねぎ 1本→小口切り(厚みは少々大胆でも美味しい)
  • だし汁(ただの水でも良い)→100ml
  • 小麦粉→50~100グラムぐらい。長いもで生地が固まっていればもっと少なくても可。
  • 紅しょうが、揚げ玉→お好きな量
 

※ほとんどキャベツとネギだけのお焼きなので、コクや食べごたえが欲しい方は「海鮮ミックス」などを入れるとgoodです。

えびやいかの単品だけでも入れると違うと思います。このままのほうがヘルシーですけども。

※たまごなんかは別にいりませんが、入れたい人は入れてくださいw

 
肉以外をすべて混ぜたら熱したフライパンに平たく広げて、その表面にバラ肉を並べます。べつにぎゅうぎゅうもしないでそのまんま弱火でじっくり焼きます。
何度かひっくり返して焼き目がつけばオーケー。
中がとろっとしてるので「まだ生かな?」と思いがちですが、粉が少なくほとんどとろろなので大丈夫です。
食べたとき中がとろっとしてるところが美味しいのです!!
 
お好みソース(もしくは焼きそばソースでも可。とにかく甘いもの。)、青のり、マヨネーズ、かつおぶしをたっぷりかけて高カロリー仕上げも良し。さっぱりおろしポン酢も合います。
 
よく酒のあてに作りますw 厚みがないので、大きさの割にはぺろっと食べられますよ。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/recipe/oyaki/trackback/

PAGE TOP