「鶏のスープ」でラーメンとうどんを食べ比べてみた。

Pocket

スポンサーリンク

塩スープ?白湯スープ?

 

おっちゃんちに代々伝わる料理「若鶏のスープ煮」。

ぶつ切りにした骨付きの鶏を、にんにくと共にほろほろになるまで煮て、塩で味つけ、その他もろもろした料理。(いちおう濁すw)

この美味しいやつw、大量に貰っちゃいました。いつもごちそうさまでござる。

 

一日目、そのままいただく。

005

(原型。ふつうに夕飯。)

ふだんはただの「スープ」ですが…ふ「これはなにスープなんだろう?」と思ったんですよね。

白濁するまで煮込めば「白湯(パイタン)スープ」と呼ぶらしい。

が、食べた感じは「塩ラーメンのスープ」みたい

ちなみにおっちゃんちでは、このスープで「うどん」を食べるのが鉄板。

ううーん?けっきょくなにが合うんだろう??

 

てなわけで、検証してみた

 

二日目、手を加えてみる。

 

016

 

まずは肉を骨からはずしてほぐす。

白菜とにらを加えて煮て、ごま油をたらしてさらに卵でとじる。(しょっぱかったので)

あらびき黒胡椒をかけたら、もはやこれは塩ラーメン。…の味。

てか、鶏ガラスープでよくこんなん作るんですよ。まさにその味。

 

017

 

てなわけで中華麺でもやってみた。

めっちゃ合う。てか、塩ラーメンだこれw

ふだんは余ったスープにそのままうどんを入れて食べていたので、新しい味に出会った気持ち。

このパターンだと、完全にラーメンに軍配があがりますね。

てか贅沢だわぁ。。。スープだけでも美味しいのに、さらに美味しい肉がいっぱいはいってて、さらにこんな具だくさんで。

肉がなくなってもスープだけでもしばらく楽しめる、偉大なメニューなのでした。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/recipe/soup/trackback/

PAGE TOP