宿泊も可能!町ナカにある綺麗な施設。角館 かくのだて温泉

スポンサーリンク

Pocket

角館の日帰り温泉

火振りかまくらを見て、土間人でご飯を食べたあと、すぐ隣にあるかくのだて温泉へ行きました。

【2018年】仙北市角館 火振りかまくらを見に行ってきた
蔵づくりのノスタルジックな居酒屋。角館 土間人(どまにん)

徒歩圏内でぜんぶ済むなんて素晴らしいですなぁ。

ここは町宿 ねこの鈴と同じ施設(土間人と経営元が一緒)。

泊まったあとに知ったんですが、実際にねこがいるお宿だそうで……泊まればよかったー!!泣

参考

営業部長「すず木めい」さんのいる宿。「かくのだて温泉 町宿 ねこの鈴」に泊まってきたよ鈴木です。

休憩スペースはひろびろ。中もとっても綺麗でした。

玄関で靴箱に靴を入れ、そのカギと引き換えに脱衣所のロッカーのカギをもらうシステム。

営業時間は7時から22時まで、おとな入浴600円、子ども300円とやや強気な値段設定。観光地ですからねぇ。

脱衣所はもらったカギの番号のロッカーを使います。

都会によくあるスーパー銭湯みたいな感じですね。しかし、やや小さめなので、かさばる冬服(コートや帽子)を入れるにはギリギリサイズでした。

浴槽はひとつ、ごくごくシンプルです。シャンプー類の備え付けはあり。

塩化物、硫黄塩泉の源泉かけ流し。温度もちょうどよいシンプルなお湯でした。

みごとなつららができてましたよ。

町ナカで便利

なんといっても、駅や主要な観光地から徒歩圏内というのが最大の魅力ですね。

ふらっと気軽に立ち寄れるし、中も綺麗だし、源泉かけ流しだし。

地元民だったら頻繁に通うには躊躇する値段設定ではありますが、旅行先で行くなら問題ないレベルではないでしょうか。

大雪で冷えた体が温まりました。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

スポンサーリンク