【滋賀旅行】近江牛をお手頃価格で!黒壁スクエア 忠太郎

Sponsored Link

Pocket

黒壁スクエアで近江牛を食べる

黒壁スクエアを堪能したあと、早めの晩御飯で入ったお店。黒壁ガラス館のすぐ近くにあります。

近江牛を提供するお店は黒壁スクエアにいくつかありますが、どこもなかなか手が出ないお値段。おいしいんだろうけど、さすがにそこまでの贅沢は…というときに、お手頃だったのが忠太郎でした。

ほかのお店に比べるとかなり安いです。ほかに入ると倍は覚悟する感じでした。この看板にある、牛丼とステーキ丼が看板メニューのようです。

ほかに食べ歩きができる黒コロッケも人気。わたしがお店にいる間も、何組か来て買っていきました。

近江牛鉄板焼肉御膳 1,500円

丼・焼肉・ステーキなどのパターンの中から、鉄板焼きを選択してみました。そこそこ野菜や副菜もついているし、ご飯の量が控えめで助かったー。

まるで絵のようなみごとなサシですね…半分凍った状態で来たので立ってますが、すぐに融けてきました。

ちなみに2,000円でお肉の量を2倍にできます。お肉をがっつり食べたい人におすすめ。

バターをひいて、じうじうと焼きます。よく旅館で出てくる固形燃料タイプなので、急いで焼きますw

玉ねぎが薄いスライスになっていたのですぐ火が通って助かりました。

お肉はやわらかくておいしかったです。ただ…残念だったのはタレですね。いかにも市販の焼肉のタレのような、甘い味でした。

普通に塩で食べたほうがおいしかったんだろうなーと。テーブルに塩がおいてあればよかったな…。

味噌汁や副菜もできあいの味で、お肉がいいだけにすごく惜しく感じました。立地も悪くないわけですし、ぜひタレや副菜にも力を入れて、何度でも行きたくなる店を目指してほしいですね。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link