【広島旅行】宮島の牡蠣専門店 牡蠣屋の牡蠣屋定食で牡蠣づくし!

最終更新日時 : 2017年9月12日
Pocket

スポンサーリンク

牡蠣欲おさまらず

前日に広島市内で牡蠣料理を食べたんですが、それでも牡蠣欲はおさまらなかったようです。

宮島にある牡蠣専門店、牡蠣屋で昼ごはん。お昼のピークを外したので座れましたが、わたしがいる間はずっとお客さんが出ては入っての繰り返しで、ほぼ満席状態でした。

フレッシュレモン(ノンアルコール) 500円

広島産レモン入りのソーダ。アルコール入りは600円でした。30度越えの島内をえんえん歩いていたので、のど乾きまくり。しみますねぇ。

思ったより甘く、最後のほうはレモンの皮の苦味がだいぶ強かったです。

牡蠣づくしの至福

牡蠣屋定食 2,150円

じつは以前来た一人旅でもまったく同じものを食べました。笑 やっぱ単品より「ちょっとずついろいろ」がいいですよね〜。

牡蠣の炊き込みご飯・焼き牡蠣・牡蠣のオイル煮・牡蠣の佃煮・牡蠣の赤だし・カキフライ入りです。

この焼き牡蠣がとにかくやばい…。店頭でお兄さんが一生懸命焼いてるんですよ。焼きたてアツアツ、ぷりっぷりジューシー、とにかくうまい。単品でおかわりしたいぐらい。

も〜磯の塩味だけで何でこんなにおいしいのかと。酒が飲みたいよと。

味のついた少量のご飯に、ぷりっとした牡蠣が3粒も…。明らかにご飯とのバランスがおかしい。笑

三つ葉と海苔のいい香り〜。ご飯はわりと甘めでした。

牡蠣フライも間違いないおいしさ。ケチャップで食べたことはないので遠慮しましたが、おいしいんだろうか。

牡蠣でお腹を満たしたい

牡蠣専門店で牡蠣づくしの定食、ぜいたくですねぇ。味噌汁(赤だし)にも佃煮にも牡蠣が入ってて、徹底ぶりがすごかったです。

あぁ、いまわたしの胃のなかは牡蠣で満たされているんだ…という幸福感(?)、たまりません。

心ゆくまで牡蠣を味わいたい人におすすめです。

単品でもどれもお酒に合いそうだし、ワインの品揃えも豊富なお店なので、飲む人にもいいと思いますよ。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

PAGE TOP