コトノタネ

京都を旅して2012~桜と菜の花~

time 2016/07/24

京都を旅して2012~桜と菜の花~
Pocket

sponsored link

懐かしシリーズ。

 

思い出したときに過去の旅行記を載せていくシリーズです。

2012年春のお花見記事を投下。時期外れという声は無視。

 

2012年4月13日の日帰り旅。大阪に住んでいた頃です。

 

IMG_0379

京都府山科駅。駅前にいきなりでっかい枝垂れ桜。

当時まだiPhone4sだったので、画質がいまいち。

 

IMG_0386

住宅地てくてく。歩いてたら汗ばむぐらいの陽気で、長袖を捲る。

 

IMG_0391

京都はけっこう、山である。

 

IMG_0392

大好物のレトロなやーつー。

今は廃線になった場所、もとはここに汽車が走っていたのね。

 

IMG_0420

名称、山科疎水(やましなそすい)。今回の目的地です。

疎水とは用水路のこと。

春ぴあで見て、菜の花と桜の共演が見たいと思って来てみました。
最高の満開のタイミングだぜー。

 

IMG_0419

花見の時期の京都はヤバイとぴあには書いていて覚悟して来たが…

そこまでじゃない。余裕で歩ける程度。

もしかして穴場だったんじゃね?とちょっと嬉しくなる。

 

IMG_0402

IMG_0414

すぐそばの毘沙門堂、名物の枝垂れ桜は散り始め。

たくさんの木の棒で支えながらようやく立っているご老木。

 

IMG_0413

樹齢、百数十余年とのこと。

IMG_0405

IMG_0410

八重桜は鮮やかでした。

 

IMG_0425

ふたたび疎水へ。

 

IMG_0437

もともと「琵琶湖疏水」からの流れであり、4.2kmも続く桜並木街道の一部なのだそう。

水の流れ、桜、菜の花。それに割と強めだった風と、時折響くホケキョ♪の声。
背景にはひたすらの山。

景色とBGMが奏であって最高だったね。

これで青空だったなら言うことなかったけども。ものっすごい曇天。

 

IMG_0451

このまま育ち続けたら、いつか水面にとどくんじゃないか、などと考える。

 

IMG_0439

疎水を挟んだ反対側は菜の花ロード。

菜の花の香りがむんむん。ハチもぶんぶん。

 

IMG_0440

絶妙に入り込んでくる紅もまたよし。

 

IMG_0455

移動して、蹴上(けあげ)駅。

疎水はここまで続いている。

 

IMG_0458

蹴上インクラインは、廃線跡地。

線路沿いに桜並木が見られます。

 

IMG_0460

IMG_0463

IMG_0464

「桜の花びらほど美しいゴミはない」…と誰かが言っていた。

 

IMG_0467

琵琶湖疏水を遊覧船が優雅にわたっていく。

 

IMG_0468

何となく人並みの流れにのって歩いていたら、赤い鳥居が見えてきた。

IMG_0470

IMG_0471

平安神宮にたどりつく(偶然)。

IMG_0472

めちゃくちゃ広かった。どうやら日本庭園が有名らしい。

すでに歩きまわって疲労していたので見ていませんが。

しかも雨がぱらついてくるという…。

 

IMG_0474

ピンク色の、桜に見立てた「桜みくじ」がかわいい。

IMG_0475

(意味深)

IMG_0476

その後哲学の道まで歩き、ぐるっと一周し、夕方までひたすらに歩くという何かの苦行みたいなことをしていました。

ようやくバスに乗ろうかと思えば、外国人混じりの大行列に30分待ち。

ここにきてお花見の時期の京都の洗礼を受けたのであった。(終)

 

 

 

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→料理人の相方。キッチン昼ノ間のシェフ。お酒好き。



sponsored link