ラム肉嫌い克服!おいしさに感動。小岩井農場 牧場館ジンギスカン食堂

Sponsored Link

Pocket

小岩井農場でジンギスカン

小岩井農場へ行ったときのお話。20数年前、わたしが子どもの頃、はじめてここでラム肉を食べました。ジンギスカンね。

それがあまりにおいしくなくて(すいません)トラウマになり、大人になってチャレンジしたこともありましたが、克服できずに今まできました。

でも改めてチャレンジしてみたんです!せっかく来たしね!

関連記事:初秋の小岩井農場でのんびりまったり&うしソフトがおいしかった

牧場館ジンギスカン食堂へ

小岩井農場でラム肉が食べられる場所は2ヶ所。野外BBQが楽しめる「炭火焼バーベキュー」と、ここ「牧場館ジンギスカン食堂」です。野外は寒かったし誰もいなかったしで必然的にこちらに。広くてキレイ。

50周年記念メニューとして、牛とラムのハーフ&ハーフがありました。わたしはこれにして、おっちゃんはラムオンリーで。

わたしはご飯なしでいものこ汁をつけ、おっちゃんは小岩井農場生たまごつきのたまごかけごはんセットを選択。

牛ラムジンギスカン 1,480円

ハーフ&ハーフはお得ですねぇ。野菜たっぷりなのもうれしい。

ジンギスカン特有の、真ん中が高くなっている焼台です。牛は普通に、ラムはキャベツをしいてその上で焼いてくださいとのこと。

2種類のタレ&塩を出してみましたが、おっちゃんとわたし二人ともにんにくダレばっかり使いましたw おいしい。

さて、まったくピントが合わなかったラム。「え、こんな軽くでいいの?」ってぐらい、さっと炙る程度でいいのだというおっちゃんの言葉を信じ、食べてみると…

うっ、うまーーーーーい!

びっくり。独特のクセはもちろんあるんですが、全然臭くないし食べやすい、ていうかおいしい。なにこれ。

おっちゃんいわく、「ここのラムがおいしくないっていう人たちは、おそらく焼きすぎて固くなっているのではないか?」とのこと。

こちらも死ぬほどピントが合わなかったいものこ汁。(アップの写真は誰かに持ってもらわないと無理ですね…)

全体の味は豚汁に近いですね。入ってる具も。ねっとりほくほくの里芋がごろごろっと入っていて食べごたえ十分でした。

ラム克服!

わたしはラムを克服できたし、ラムをおいしく食べてくれたことがうれしい(?)とおっちゃんも喜んでいました。

挑戦してみてよかった〜。食べられるようになってうれしいです。次に来たらラムオンリーで食べてもいいぐらい。ちなみに牛も厚切りでおいしかったですよ!

ラムってどうしてもクセが強いので敬遠する人も多いかもしれないですが、そういう人にこそ試してもらいたいですね。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link