【北秋田市たかのすまち歩き】農園直販!やまだのきみの新鮮とうもろこし

最終更新日時 : 2017年8月25日
Pocket

スポンサーリンク

新聞記事が目にとまる

全国ニュースはネットで見ていますが、地元のマイナーな話題やイベント・お店の情報は地元新聞が強いので、わりとチェックしてます。今回気になったのはこれ。

やまだ農園の通称「やまだのきみ」。わりと地元では知ってる人も多いと思いますが、夏になるとでっかい鍋で豪快にきみ(とうもろこし)を茹でて販売しているところです。

場所が不安だったので検索してみたんですが、びっくりしたのがネットに一切情報がない!!ということ。やまだのきみという名前でかすりもしない。唯一去年大館市のブロガー・&-(あんどー)さんが記事にされてましたが、そこに書かれている位置と新聞に載っている位置がまったく違うので混乱。

とりあえず新聞の「大野台駅そば」を信じて向かってみました。5年前からここでやっている、とあるし。

たどり着いた

大館能代空港から大野台駅方面に向かう24号線を、「金沢温泉右折」と書いた看板があるところで曲がります。「やまだのきみ」「とうもろこし」ののぼりが出ています。で、金沢温泉を過ぎてずーっとまっすぐ進みましょう。とにかくのぼりについていけばOK。わたしの予想ですが、&-さんが買われた日はイベントがあったから近くで出店していたのではないかな?と。

来てみたらほんとに駅のすぐそばでした。最初反対方面から行ってまったくわからず迷いました。笑

なんと茹でとうもろこしはちょうど売り切れてしまったとのこと。なので大鍋の写真はありません。ひっきりなしにお客さんが来てるので回転が早そう。この場合は多少待てば茹でたても食べられると思いますよ。

行ったら速攻でテンションの高いお母さんに試食をすすめられ、喋りがおもしろすぎて笑いがとまらなくなりました。キャラが濃い。笑

けっこうな種類あるんですねぇ。時期によって種類も変わるのかな。

せっかくだから今ある3種類ぜんぶ買ってみよう〜。値段的にはふつうの産直よりはお高めですね。

となりには畑でとれたであろう野菜も並んでいました。買ってる間にお母さんが袋詰めしてたから間違いない。笑

ついついきゅうりをお買い上げ。封すらしていないw これで100円。

食べてみよう

「どれがどれだがわがるほうがいいよな?」と、わざわざ袋を分けてくれました!親切〜。

おいしい食べ方の紙もくれました。「とにかく茹ですぎねよにしてけれ」とのこと。

まずは茹でてみます。皮1枚残して

はい。3分はかったんですが、入れてから沸騰するまでが長すぎたのか、お湯が多すぎたのか、皮が厚かったのか?とにかく半生でした…。レンジで追加で加熱。

けっきょくどれがどれだかわからなくなっちゃったんですがw しゃきしゃきと甘くてどれもおいしかったですよ。

これは後日レンジでやってみたもの。5分チンしてちょうどいい感じでした。

料理でアレンジ

そのまま食べて堪能したあとは、料理してみましょう!

バターしょうゆで味をつけた、とうもろこしご飯2種。とうもろこしの甘さとしょうゆの塩気の塩梅がたまりません!とうぜんバターも合うし。

ちょっととうもろこしの割合が多すぎて固まらなかったのが反省点ですねw でもただの焼きめしもおいしかったです。大葉を散らしてもよさそう。

おあとは揚げて〜

揚げとうもろこし。げんこつ状の揚げとうもろこしが、「孤独のグルメ6」で放送されてから人気らしいっていうのを見て真似してみました。そんなに丸くはならなかったけど。

粒を包丁ではずしてボールにいれ、小麦粉2:片栗粉1と水でどろっとするまで混ぜたらスプーンで流し入れて揚げるだけです。

これはますます甘味が引き立つ感じ!しゃきしゃき感も残っててうま〜い。最初はかき揚げにしようと思ってたけど、単体でもじゅうぶんおいしいですね。とうもろこしすごい。

追記:営業時間判明

8月25日付の地元新聞より。わたしが購入したときとは種類が変わってますね。

営業時間が10時〜18時と判明しました。季節的にはまだまだいけそうなのでぜひ。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

PAGE TOP