油ぎっとぎとだけどクセになる!?大館市山口製菓のアンドーナツ

Sponsored Link

Pocket

ある意味ソウルフード

子どもの頃から食べていたパンといえば、武藤製パンのチョコバターサンド・油パンに次いで山口製菓のアンドーナツが思い浮かびます。正確にはそんなに食べてはいないけど目にしていた気がする。たぶん祖母が好きだったんですよね。

山口製菓はほぼ比内寄りの大館市にあり、工場はえんとつ池内食堂がある道のローソンの前にあります。

秋田が舞台の旅バラエティ・のんびりし〜なの大館市編で、ここの工場にも行ってます。

番組では工場でも買ってたけど、実際はどうなんでしょうね?

山口製菓のホームページからも買えるみたいでびっくりしました。「まぼろしのアンドーナツ」ってキャッチコピーだけど、なにがまぼろしなんだろう。。。?

油ぎとぎとであんたっぷりのドーナツ

パッケージがまずレトロですよね。北秋田市や大館市ならスーパーでふつうに目にすることができます。

ちなみに今回は道の駅ひないで。ここのとっとぷりんシリーズも山口製菓のものだったとは知りませんでした。

けっこうデカイです。そして油のギトギト感がすごい。

けっこうあんがみっちりと入ってます。自家製あんおいしいなぁ〜。

油感がすごいのでそんなに食べれない…と思いきや、意外や食べやすいんですよ。初めて食べるとびっくりするかもしれませんが。けっこうクセになる味です。

余談

地元では油パンと呼ばれている…とのことですが、わたしにとっての油パンは武藤製パンのものなんですよね。

ミナト青果の記事にちらっと出てますが、右端のものです。もう現在は買えませんが…

このへんの人は油ギトギトのドーナツが昔から好きだったんでしょうか?w

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

Sponsored Link