【岡山旅行】再訪!ポテンシャルの高さを再確認した うどんおよべ 野田店

最終更新日時 : 2017年9月16日
Pocket

スポンサーリンク

およべ再訪

およべのうどんのおいしさにハマってしまい、岡山滞在中に再訪してきました。

前回同様、13時過ぎを狙う感じで。前回よりも空いてましたよ。

店内の装飾は一部ですがこんな感じです。雰囲気いいんです。

さて、食べたいメニューは前回書いたとおりたっくさんあったのですが、迷いに迷ってこちら。

鴨やさい 972円

鴨のつけ麺もありましたが、外はめっちゃ暑いですが、あえてあえての温麺セレクト。たっぷりとのった青ねぎがすでにめちゃくちゃおいしそうです。粉っぽいのは山椒ですよ。

具を分けて見やすくしてみました。笑 ふだん、地元秋田で食べる鴨南蛮うどんなんかとはまったく異なるビジュアル。

西日本ゆえ関西出汁ですし、そもそも鴨の脂や出汁で食べるつゆではなく、鴨肉そのものを味わう感じでした。今まで食べたことないジャンル!

見た目で言えばタンメンのように野菜がたっぷり。しかも豆もやし・青ねぎ・白菜のどれをとっても、火を通しすぎないしゃきしゃき・サクサク感でめちゃくちゃおいしいです。まるで関西だしのラーメンを食べているかのような。

そして麺も、ぶっかけで食べたときとはまったく異なる印象でした。当然ですが温かいため柔らかく、もちもち。コシを楽しむならぶっかけなのでしょうが、個人的にはこの柔らかさのほうが食べ慣れた感じでアリですね!およべのうどんは讃岐うどんとしては若干細めなのも好みですねぇ。

家の近くにほしい

野菜たっぷり、鴨肉もたっぷりで食べごたえ十分でした。麺ひかえめでもお腹いっぱいです。

温うどんで、ぶっかけうどんとはまったく違う印象を与えるというおよべのポテンシャル、すごすぎる…。どのメニューを頼んでも凝ってこだわりぬいているんだろうし、ワクワクさせてくれそうです。

関西出汁に青ねぎと、いかにも西日本な味もクセになります。というかもともと関西出汁が好きなんですよねーわたし。地元秋田じゃ絶対食べられない味だけに、家の近くにおよべがほしい…とつい思ってしまいます。離れたくない。(真顔)

ほんと、出会えてよかったです。うどん愛が深まりました、ありがとうおよべ。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

PAGE TOP