盛岡冷麺+焼肉を食べるならぴょんぴょん舎がおすすめ

最終更新日時 : 2017年2月11日
Pocket

スポンサーリンク

冬でも冷麺が食べたい

昔韓国料理をメインに出す料理屋にいたことがあり、まかないで冷麺ばっかり食べるほどハマってしまいました。韓国人が多く住む土地柄と、従業員にも韓国人がいたことでかなり本格的な味だったはず。

盛岡はじゃじゃ麺・わんこそば・冷麺の三大麺が有名です。小さい頃から盛岡によく行っていたおっちゃんいわく、冷麺といえばぴょんぴょん舎が有名とのこと。以前は夏に行きましたが、冬の再訪となりました。

盛岡インターを下りてすぐ、盛岡イオンを左手に見ながらまっすぐ進むと右手に稲荷町本店が見えてきます。でっかい看板があるのでわかりやすい。

イルミネーションが凝ってますねえ。

店内も広めで、いわゆる焼肉屋さんってよりはおしゃれな感じがします。夜10時を過ぎているというのにかなりな賑わいでした。(ラストオーダーは10時半)

普通にメニューから頼もうとしたんですが、たまたまフェアー中で人気麺類が500円均一になっていました。セットにしてもまだ安くてすごいお得。

アボカドと豆腐の韓国風野菜サラダ(M) 650円

LサイズとMサイズから選べます。Mサイズでもけっこうボリュームはあるかも。コチュジャンベースのタレがすごく美味しくて、葉っぱのさっぱり加減とアボカドのまろやかさがたまらない。ワシャワシャとあっという間に食べてしまいましたが、焼肉と合わせて食べても良さそうですね。

白金豚(はっきんとん)盛り合わせ 500円

いろんな部位が混ざってます。タレが薄い醤油ベースとレモンの2種類あり、どちらもさっぱりと食べられておいしかったー。一般的な焼肉店のタレってすごく甘くて濃いし、にんにく味もきついので、こういうタレはうれしいですね。

ユッケジャン辛温麺 500円

通常だと麺+焼肉のセットで1200〜1500円(種類による)ぐらいのところ、フェア中だったので単品を組み合わせてお得に。見た目すごい辛そうですが、辛味以外にもちゃんとコクのあるスープでした。冷麺の麺はコシがあるので温麺でも食感が失われずおいしく食べられるんですね〜。

冷麺(別辛) 500円

盛岡冷麺の特徴はなんといってもコシのある麺。さらに口直しとしてりんごやすいか、梨などのフルーツも入っています。盛岡冷麺の場合キムチは大根が一般的だそうですが、今回は大根とキャベツが混ざったものでした。キャベツとキムチは個人的にはちょっと合わない気がします。大根とか白菜がいいと思うなあ。

やっぱこの麺が美味しいですねー。

スープはダシが効いていて、けっこう甘め。キムチを入れてもキムチ自体もそんなに辛くないので、酢を入れてちょうどいい感じでしょうか。ごくごく飲めるおいしいスープ。

盛岡冷麺はメニューを選ぶ時点で辛さを選ぶシステムのようです。わたしがいた店ではキムチははじめから冷麺にのせて、辛さ調節は別添えでコチュジャンをつけてたんですよねー。個人的にはコチュジャン足したくなりました…

焼肉+冷麺がおすすめ

冷麺が3種類ぐらい、ほかにも温麺などのバリエーションがあり、スープやビビンバ、サラダの単品も充実。

やはり一番人気は焼肉+麺のセットのようですね。いろんな部位が混ざっているちょうどいいサイズの焼肉と、タレがおいしいのが個人的には気に入りました。あとサラダが美味しすぎたので家で真似したい。

冷麺だけ食べに何度でも来たいぐらい好きなので、総合的に満足度はかなり高いお店です。席数も多く立地もわかりやすいので入りやすいと思います。駅前など他にも店舗がありますよ。

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

●Twitter:@akitarienblog

●Facebook:コトノタネ

Pocket

トラックバック URL

http://akita-rien.com/iwate/pyon-pyon/trackback/

PAGE TOP