コトノタネ

【北秋田市たかのすまち歩き】Boire un coup(ボワアンクープ)鷹巣でオシャンティなフレンチでランチをするならここで決まり

time 2016/04/25

【北秋田市たかのすまち歩き】Boire un coup(ボワアンクープ)鷹巣でオシャンティなフレンチでランチをするならここで決まり
Pocket

sponsored link

鷹巣のフレンチ初潜入。

 

噂にはよく聞いていましたが、まったくもって行く機会のなかったお店。

「フレンチ」ってだけで、やたら敷居が高いんですよねぇ。。。

でも行ってみたら、そんなのは杞憂だったとわかりました。まぁ、ランチですしね。

 

鷹ノ巣駅から信号ふたつ越えて、パリスタ飯店のある一方通行の通りを入っていきます。ホテル松鶴の裏手。

 

119

 

130

 

「Boire un coup」とは日本語で「一杯やろうよ」というくだけた意味だそう。

 

ホームページがすっげえおしゃれでびびりましたw

いやー、鷹巣で10年も前に、こんな先進的なことやってたんだなぁ。。。

 

121

 

土曜日のランチタイム、ほかに女性二人組と、個室で予約のコース料理を出していた模様。

シェフとサービスの二人だけで、すごくコンパクトなつくり。

 

さすがに声をひそめて会話しなきゃいけないレベルでしたw

ふだんは平気でテレビついてる食堂とかに慣れてますからなぁ。

 

120

 

こんなしゃれおつテーブルセットとか初めて見たしー。

「なんで最初っから皿置いてあんの?」とおっちゃんに聞く始末w

 

122

 

123

 

でもおっちゃんもこの入れ物↑を「つまようじが刺さってる」と思ってたので、レベルは一緒だと思います。(痛)

 

さて、ランチメニューは黒板に書いてあったんですが、撮り忘れ。

ランチセットはパン、スープ、カフェつきで1000円。
パスタと肉料理のふたつだったので、それぞれをオーダー。
 

124

 

地元産菊芋のスープ。

ものすごく「大地を食べてる」感のあるワイルドな味。ごぼうのような土臭い風味。濃厚なんですが、くどくなくさっぱりしていて飲みやすい。

上のオリーブオイルも効いていましたね。底のほうには粒々も残っていて、栄養まるごと摂ってる感。

小さめのカップなので、そのままごくごく飲めるのが良かったです。

 

125

 

自家製ライ麦パン。大きめのおまんじゅうぐらいのめんこいサイズ。

焼きたてで熱々、手で持てないほどで、外カリ中ふわでめっちゃ美味しい。

焼きたての魔力ゴイスー。 ライ麦の良い香りも。

 

126

 

シーフードのトマトクリームパスタ

まわりにあしらっているのはパプリカのパウダーですかね。赤がきれい。

器は白で統一されているので、ソーサー的役割のこのお皿に映えるんだなー。と気づく。ランチョンマットまで白だし。(そしてそこにタレやソースをこぼしまくるおっちゃん。。。)

トマトソースとクリームソースの良いとこどりという感じで濃厚なソース。

しかもシーフードのだしがしっかり効いているので尚更深いコク。

ソースだけ舐めたいぐらい美味しかったー!

麺は細め、具も小さめ。量もおそらく100gないかな?レディースサイズという感じ。

それでもパンとスープの分わたしはお腹いっぱいになりましたが、おっちゃんにはちょっと物足りなかったようです。

 

127

 

豚肩ロースのプティ・サレ

 

プティ・サレとは塩漬けにした厚切りのお肉、要はベーコンみたいなもので、東京で食べた香草ローストもプティ・サレの一種だそう。

お肉の味はしっかり、ソースはバルサミコでさっぱり系。

ガロニ(下に敷いてる具材)に古代米のリゾット、こちらはブイヨンで炊いただけのシンプルなお味でメインの邪魔をしない。

でも見た目にインパクトがあるし、雑穀だとヘルシーで女子受けが良さそう。

グリルされた野菜たちも美味しい。うどの穂先なんかを使うあたりが好印象。

 

129

 

食後はスムーズにコーヒーがきました。濃い目のエスプレッソ。

サービスの方がすごくこまめに見てくださって、変な隙間はほとんど無し。これがものすごく混んでたらこうはいかなかったんでしょうけども。

おっちゃんが水を飲み干すたびに来てくれて、4杯ぐらい飲んでました、水。

 

128

 
 
いちごのコンポートとフルーツの自家製バニラアイス添え 500円
 
大体こんな名前だったと思いますw
アイスはバニラビーンズたっぷりで濃厚で美味しかったですが、手作りアイスは溶けやすいのが難点…
そしてフルーツに対して少なすぎた。このは欲しかったです。笑
 
いちごのみコンポートで、パイナップルやキウイは生でした。
まわりのソースは苺ジャム味。コーヒーと一緒に食べるには良い甘み。
 

満足度大!

 

131

 
はじめわたしはランチセットの内容を把握してなくて、コーヒーは別かと思ってたんですよね。
そしたら全部コミコミでの1000円、しかも税込だったのでお会計はきっかり2500円(デザート含め)。正直「すげえ!」って思いました。
 
この値段でこのクオリティ、しかも鷹巣で10年…。それだけでもう、すごいことですよ。
自分のやり方を貫きつつ支持されて成功した例なんですね。素晴らしい。もっと早く来てれば良かった。
 
「東京行かなくても美味しいお肉食べられるね!」とつい言ってしまいました。オルガンのお肉はもちろん美味しかったですけども。笑
 
行かないとその日のメニューがわからないのがアレなんですが、今度は魚料理とか、パスタも別のソースで食べてみたいですねー。
スープは言わずもがな、パンも何度も食べたい美味しさでしたし。
 
機会があれば夜のほうも…それこそ敷居が高いんですが。
でもディナーも2500円からなので、そこまでじゃないですよね。ワイン飲んでも居酒屋行くより安い。
 
オサレにワインをしばきたいときなんか行きたいです。(こんなん言ってる時点でダメかもしれないw)
 

書いているのはこんな人。

「北秋田市たかのすまち歩き」ってなに?

お問い合わせ、メッセージはこちらから。

Twitter:@akitarienblog

Facebook:コトノタネ

Pocket

sponsored link

コトノタネの中のひと。

里園(りえん)

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。

OMIYA!でおみやげライターやってます
Locketsに参加しています

登場人物:おっちゃん→料理人の相方。キッチン昼ノ間のシェフ。お酒好き。



sponsored link